GD Freak!
事実に基づく思考のために

特定サービス産業動態統計 グラフポータル

GD Freak!の特定サービス産業動態統計のグラフ閲覧ポータルです。特定サービス産業動態統計では、通常のサービス産業を対象とする調査では、その詳細が把握されていない物品賃貸業、情報サービス業、広告業、遊園地・テーマパーク、ゴルフ場、フィットネスクラブ等の売上、利用者数等の動向を知ることができます。グラフやデータから何かを発見したり、気づきを得てください。

 概要

特定サービス産業動態統計では、通常のサービス産業を対象とする調査では、その詳細が把握されていない物品賃貸業、情報サービス業、広告業、遊園地・テーマパーク、ゴルフ場、フィットネスクラブ、クレジットカード業、パチンコホール、ボウリング場、学習塾、外国語会話等の売上、利用者数等の動向を知ることができます。

 データ出所

  • 経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」

 更新予定

GD Freak!では経済産業省から月に1度、確報が公表あり次第、グラフやファイルを速やかに更新します。

  • 経済産業省によるデータの公表は調査からおおよそ2ケ月後の中旬過ぎです。

 グラフ・データの更新日

2021年5月期 更新日 2021年7月20日

 データの作成方法、データの読み方

  • 動態調査の場合には、母集団の企業数の変化や調査項目の定義・範囲の変更などに伴い、過去に公表されたデータと直近データに不連続が生じることがままありますが、 GD Freak!では、経済産業省が公表しているリンク係数をもちいて適宜過去に遡及して調整を施し、データ系列の連続性の維持に努め、グラフを作成しています。
  • 利用者一人当たり売上高、利用者一人当たり利用回数などの系列については、GD Freak が公表データを基に独自に計算したものです。
  • データは母集団への復元が行われたものではありません。したがって、売上高等の値は国内の市場規模を表すものではありません。データの推移からトレンド、季節性等を読み取りましょう。

 どんなグラフが見られますか?

次のような例のグラフを閲覧することができます。

例1.クレジットカード業の消費者金融取扱高の推移

グラフ クレジットカード業の消費者金融取扱高の推移

上記以外のクレジットカード業のグラフのこちらからご覧頂けます。

例2.フィットネスクラブの会員数の推移

グラフ フィットネスクラブの会員数の推移

上記以外のフィットネスクラブのグラフはこちらからご覧頂けます。

例3.外国語(英会話等)会話教室の売上高の推移

グラフ 外国語(英会話等)会話教室の売上高の推移

上記以外の外国語会話教室のグラフはこちらからご覧頂けます。

例4.遊園地・テーマパークの入場者数の推移

グラフ 遊園地・テーマパークの入場者数の推移

上記以外の遊園地・テーマパークのグラフはこちらからご覧頂けます。

 特定サービス産業動態調査のグラフへのリンク

下記の業種をクリック・タップすると閲覧可能なグラフのタイトルが表示されます。タイトルをクリック・タップしてグラフを確認してください。

上向き矢印↑