a national flag日本

物品賃貸業(レンタル)の動向
《物品賃貸業のレンタル物件別売上高の対前年同月比(増減率)》

グラフ 月次 物品賃貸業(レンタル)の動向 物品賃貸業のレンタル物件別売上高の対前年同月比(増減率)

【データ出所】経済産業省 特定サービス産業動態統計

【メタ情報/グラフタイトル一覧】 Click!

【ロボット君のつぶやき】
2019年2月の物品賃貸業のレンタル物件別売上高の前年同月比(増減率)はプラス3.0%。増加の主因は土木・建設機械(寄与度:2.65%ポイント)。次いで情報関連機器(寄与度:0.77%ポイント)によるプラスの影響が大きい。

また内訳となる各業種についてみると、増減率は5業種中プラスが4業種、マイナスが1業種。具体的には、土木・建設機械がプラス4.2%、情報関連機器がプラス9.6%、事務用機器がプラス2.9%、音楽・映像記録物がマイナス10.8%などとなっている。

なお、増加率が最も大きいのは情報関連機器(プラス9.6%)、反対に最も落ち込んだのは音楽・映像記録物(マイナス10.8%)である。

【更新日】2019-04-16



【MyGDへ登録】 MyGD button

【クリックで画像拡大】

物品賃貸業(レンタル)の動向の物品賃貸業のレンタル売上高の推移
物品賃貸業(レンタル)の動向の物品賃貸業のレンタル売上高の物件別内訳
物品賃貸業(レンタル)の動向
物品賃貸業(レンタル)の動向の物品賃貸業の土木・建設機械レンタルの売上高の推移
物品賃貸業(レンタル)の動向の物品賃貸業の情報関連機器レンタルの売上高の推移
物品賃貸業(レンタル)の動向の物品賃貸業の事務用機器レンタルの売上高の推移
物品賃貸業(レンタル)の動向の物品賃貸業の音楽・映像記録物レンタルの売上高の推移
物品賃貸業(レンタル)の動向の物品賃貸業のその他レンタルの売上高の推移

【ダウンロード】PayPal決済

・ファイル形式 Excel xlsx

・収録データ系列数 14

・収録グラフ数 8 (上記のグラフ全て)

・決済方法の詳細についてはこちら

・価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)



【関連グラフの表示】