日本の人口と世帯

1. 人口推移

グラフ 日本の人口と世帯 人口推移

データ出所

総務省 国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所 将来推計人口、総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2015年の日本の総人口は、総務省統計局が2016年10月26日に公表した国勢調査結果によると1億2,709万人で5年前に比べ96万人減少。人口減少が2015年国勢調査ではじめて確認された。また、国立社会保障・人口問題研究所が2010年までの国勢調査に基づくトレンドから予測した2015年人口よりも約50万人(0.4%)多い。

だが、上記研究所のもっとも新しい「将来推計人口(2018年3月推計)」によると、今後2015年から2045年までには▲16.3%減少し、約10,642万人となる見込み。

また上図の赤い点線であらわした折れ線は、2010年国勢調査までの趨勢に基づき国立社会保障・人口問題研究所が2013年に公表した将来人口の推移を示している。

これを2040年について今回の最新の予測値と比較すると、その差は364万人(3.4%)多く、前回の予測よりかなり上振れしている。このとき2045年の平均年齢は、2015年の 46.4歳から4.9 歳上昇し、51.3歳となる。

なお、1人の女性が生涯に産む平均子供数を推計した合計特殊出生率は、厚生労働省の発表によると、2006年の1.26を底として2015年には1.45となり、2016年が1.44、2017年が1.43、2018年が1.42と3年連続で低下し続けているもよう。また、2018年の全国の出生数(生まれた子供の人数)は91万8397人と4年連続で百万人を下回るものと推計されています。

また、厚生労働省が、2017年3月に公表した第2回完全生命表によると、2015年の日本の平均寿命(0歳児の平均余命)は、男性が80.77歳、女性が87.01歳。

一方、厚生労働省が実施した「健康日本21(第二次)の推進に関する研究(平成25~27年度)」によると、2013年の健康寿命(日常生活を健康上の問題がない状態でおくれる期間)は、男性が71.2歳、女性が74.2歳と推計されています。

ところで、2015年の世界の平均健康寿命は世界保健機関(WHO)の推計では63.1歳。男性で比べれても日本人の方が健康寿命が8年余り長いことになります。

2019年3月28日に厚生労働省が公表した「健康寿命のあり方に関する有識者研究会」報告書によると、健康寿命を2040年までに3年以上延伸し、健康寿命を男女とも75年以上とすることを目標に掲げています。

2000年から2018年(2018年1月1日現在)までの人口動態調査に基づく住民基本台帳ベースの人口および世帯数、出生数、人口千人当たり出生数(出生率)の動向については、グラフの15から19をご参照ください。下記の小さなグラフをクリックし拡大してご覧いただけます。

(参考表) 都道府県別の将来人口の予測(2025年~2045年)一覧

都道府県ごとの人口の予測値の一覧です。2015年は国勢調査、2025年~2045年は社人研の推計値を用いています。2045年の括弧内の数値は、2015年からの増減率です。気になる都道府県・市町村があれば、都道府県名をクリックしてください。市町村へは、都道府県のページからたどれます。
2015年には人口100万人以下の県の数は9つでしたが、2045年には倍増の18になることが予想されています。

[単位 : 万人]

都道府県 2015年 2025年 2035年 2045年
全国 12,709 12,254 11,522 10,642 (-16.3)
北海道 538 502 455 400 (-25.6)
青森県 131 116 99 82 (-37.0)
岩手県 128 116 103 88 (-30.9)
宮城県 233 223 205 181 (-22.5)
秋田県 102 89 74 60 (-41.2)
山形県 112 102 90 77 (-31.6)
福島県 191 173 153 131 (-31.3)
茨城県 292 275 251 224 (-23.4)
栃木県 197 187 173 156 (-21.0)
群馬県 197 187 172 155 (-21.3)
埼玉県 727 720 691 652 (-10.2)
千葉県 622 612 582 546 (-12.2)
東京都 1,352 1,385 1,385 1,361 (0.7)
神奈川県 913 907 875 831 (-8.9)
新潟県 230 213 193 170 (-26.3)
富山県 107 100 91 82 (-23.3)
石川県 115 110 103 95 (-17.9)
福井県 79 74 68 61 (-21.9)
山梨県 83 76 68 60 (-28.3)
長野県 210 196 179 161 (-23.1)
岐阜県 203 190 174 156 (-23.4)
静岡県 370 351 324 294 (-20.5)
愛知県 748 746 723 690 (-7.8)
三重県 182 171 158 143 (-21.2)
滋賀県 141 139 134 126 (-10.6)
京都府 261 251 234 214 (-18.1)
大阪府 884 853 796 734 (-17.0)
兵庫県 553 531 495 453 (-18.1)
奈良県 136 126 114 100 (-26.8)
和歌山県 96 88 78 69 (-28.6)
鳥取県 57 54 49 45 (-21.8)
島根県 69 64 59 53 (-23.8)
岡山県 192 185 174 162 (-15.7)
広島県 284 276 261 243 (-14.6)
山口県 140 129 117 104 (-26.3)
徳島県 76 69 61 54 (-29.2)
香川県 98 92 85 78 (-20.5)
愛媛県 139 127 115 101 (-26.9)
高知県 73 65 58 50 (-31.6)
福岡県 510 504 484 455 (-10.7)
佐賀県 83 78 73 66 (-20.3)
長崎県 138 126 112 98 (-28.7)
熊本県 179 169 158 144 (-19.2)
大分県 117 109 100 90 (-23.1)
宮崎県 110 102 93 82 (-25.3)
鹿児島県 165 151 136 120 (-26.9)
沖縄県 143 147 147 143 (-0.4)

メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する説明やその他のグラフへのリンクを確認する場合はこちらです。

更新日

2019-07-18

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 19
  • 収録グラフ数 19 (上記のグラフ全て。ただし、参考グラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

関連グラフ58個のうち20個をランダムに表示しています。

島根県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

神奈川県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

徳島県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

滋賀県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

佐賀県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

群馬県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

鳥取県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

東京都の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

消費者態度指数(総世帯、原系列)Consumer Confidence Index (Households of one person or more persons, original series

関連性:同地域

新潟県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

広島県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

愛知県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

千葉県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

家計消費支出(全支出項目計)

関連性:同地域

中央政府が保有する金融負債の動向

関連性:人口1人当たり・・・

茨城県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

長野県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

北海道の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

山口県の人口と世帯

関連性:下位分類(都道府県)

卸売業の販売額の動向

関連性:同地域