2017年 日本人高齢者のADL(日常生活活動)テスト

1. 1 休まないでどのくらい歩けますか(休まないで何分歩けるか)

グラフ 年次 2017年 日本人高齢者のADL(日常生活活動)テスト ADL_1  休まないでどのくらい歩けますか(休まないで何分歩けるか)

データ出所

文部科学省 体力・運動能力調査を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

文部科学省のADL調査は12項目の設問で構成されています。各設問は3つの選択肢からなり、そのうちの選択肢1に 回答した場合には1点,選択肢2の場合には2点、選択肢3の場合には3点として得点を与えられます。

したがって、12問合計の可能得点範囲は12点か ら36点となりますが、それが23点以下の場合には、日常の生活動作能力が衰えて劣っているという判定になってしまいます。

上図の休まないで歩き続けることのできる時間は、男性では70代後半でも1時間以上という人が過半ですが、女性では1時間以上という人も5割近くまで伸びていますが、まだ20~40分という人がもっとも多くなっています。なお近年、高齢者の歩行能力は向上しているようです。



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する説明やその他のグラフへのリンクを確認する場合はこちらです。

更新日

2018-10-09

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 72
  • 収録グラフ数 12 (上記のグラフ全て。ただし、参考グラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

関連グラフ20個のうち20個をランダムに表示しています。

2017年 日本人の身長

関連性:同位分類

都道府県別の肺炎の死亡リスク格差

関連性:関連統計

都道府県別の心疾患の死亡リスク格差

関連性:関連統計

2017年 日本人の長座体前屈テスト(6歳~79歳)

関連性:同一アイテム

2017年 日本人の体重

関連性:同位分類

都道府県別の脳血管疾患_計の死亡リスク格差

関連性:関連統計

2017年 日本人の50m走テスト(6歳~19歳)

関連性:同一アイテム

2017年 日本人の立ち幅とびテスト(6歳~64歳)

関連性:同一アイテム

2015年 日本人の座高

関連性:同位分類

2017年 日本人のソフトボール投げテスト(6歳~11歳)

関連性:同一アイテム

2017年 日本人の持久走テスト(12歳~19歳)

関連性:同一アイテム

日本人の日常生活の歩行数

関連性:上位分類

2017年 日本の高齢者体力テスト(65歳~79歳)

関連性:同一アイテム

都道府県別の死亡リスク格差

関連性:関連統計

都道府県別の悪性腫瘍(がん)の死亡リスク格差

関連性:関連統計

2017年 日本人の握力テスト(6歳~79歳)

関連性:同一アイテム

2017年 日本人の急歩テスト(20歳~64歳)

関連性:同一アイテム

2017年 日本人のハンドボール投げテスト(12歳~19歳)

関連性:同一アイテム

2017年 日本人の上体起こしテスト(6歳~79歳)

関連性:同一アイテム

2017年 日本人の反復横とびテスト(6歳~64歳)

関連性:同一アイテム