a national flag日本

2017年 日本の高齢者体力テスト(65歳~79歳)
《高齢者の10m障害物歩行能力(平均値) ~ 時間が短いほど能力が高い ~》

グラフ 年次 2017年 日本の高齢者体力テスト(65歳~79歳) 高齢者の10m障害物歩行能力(平均値) ~ 時間が短いほど能力が高い ~

【データ出所】文部科学省 体力・運動能力調査

【メタ情報/グラフタイトル一覧】 Click!

【ロボット君のつぶやき】
10m障害物歩行テストは、障害物につまづかないで歩く能力をみるもので、10mの間に2m間隔においた6個の障害物(高さ20cm×幅5cm)をすべて歩いてまたぎ越す時間を1/10秒単位で測定します。

軽い障害物の乗り越えて足早に歩く能力と健康には、かなりの関係があるようです。2017年度のテスト結果を「65~69歳」男性の平均についてみると、「大いに健康」な人が5.88秒、「まあまあ健康」な人が6.29秒、「あまり健康でない」人が7.00秒と、健康な人ほど、早く障害物を乗り越えることができます。女性は全体的に男性よりも遅い傾向がありますが、「大いに健康」な女性に限ると「あまり健康でない」男性よりも早いという結果が前年同様にでています。

【更新日】2018-10-09



【MyGDへ登録】 MyGD button

【クリックで画像拡大】

2017年 日本の高齢者体力テスト(65歳~79歳)の高齢者の開眼片足立ち能力(平均値) ~ 持続時間が長いほど能力が高い ~
2017年 日本の高齢者体力テスト(65歳~79歳)
2017年 日本の高齢者体力テスト(65歳~79歳)の高齢者の6分間歩行能力(平均値) ~ 距離が長いほど能力が高い ~

【ダウンロード】PayPal決済

・ファイル形式 Excel xlsx

・収録データ系列数 12

・収録グラフ数 3 (上記のグラフ全て)

・決済方法の詳細についてはこちら

・価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)



【関連グラフの表示】

関連グラフ20個のうち20個をランダムに表示しています。

【関連性】上位分類
【関連性】同位分類
【関連性】同一アイテム
【関連性】同位分類
【関連性】同位分類