女性の上体起こし 年齢別の平均値と5段階評価

グラフ 年次 2020年 日本人の上体起こしテスト(6歳~79歳) 女性の上体起こし能力

データ出所

文部科学省 体力・運動能力調査を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

このグラフは2020年の各年齢層の女性の平均的「上体起こし」能力の範囲を偏差値45と偏差値55の2本の折線の幅であらわしています。
令和3年4月23日に文部科学省が公表した「令和2年度体力・運動能力調査(速報値)」によると、女性の上体起こし能力のピークは14歳で平均24.4回/30秒。年齢が増すにつれ能力は低下し、65~69歳の高齢者では14歳に比べ約63%、75~79歳の後期高齢者では69%程度少ない。

また、小学生から高校生について、上体起こしの平均回数をみると、小学1年生(6歳)が12.5回、中学1年生(12歳)が21.32回、高校1年生(15歳)が22.33回、高校3年生(17歳)が23.57回で、小学6年間に7.17回増え、さらに中学3年間に3.05回、高校3年間に1.24回増加します。

このように上体おこし回数は小学生のときに1.6倍に、中学生のときに1.1倍に、高校生のときに1.06倍に増えます。小学6年間の体力の成長が最も大きいようです。

上体起こしテストは、両膝を補助者が90度に固定した仰向けの姿勢から、腕を組んだまま上体を起こして両肘を両膝につけ、すばやく元の姿勢に戻るまで回数を30秒間で測るものです。体幹の筋力や筋持久力(筋肉を繰り返し収縮し続けられる能力)の評価に用います。筋持久力には筋に効率的にエネルギー供給するための毛細血管の働きが関係しています。筋肉細胞内の毛細血管が増えると基礎代謝が高まるばかりでなく、血圧が下がり、心臓の負担も軽くなり、関連する脳卒中などの疾病リスクも軽減されるそうです。

また、上体起こしテストは、高齢者の場合、「おおいに健康」と自覚する人と「あまり健康でない」とする人で、歴然と差が開く項目です。つまり、体幹の強さが健康な生活に重要ということではないでしょうか。75歳以上の女性高齢者の場合、「あまり健康でない人」と「おおいに健康」な人の平均回数を比べると、前者は平均約7回、後者は同9回と腹筋の強さと健康には強い関係があります。なお、今年度調査では「あまり健康でない人」の回数が2回ほど増え、両者の差は縮まりました。

あなたの上体起こし能力が上図の2本で挟まれた間にあれば、年齢に対して普通の強さ、それより上なら、やや優れているか、かなり優れている、反対ならその逆となります。ここで「普通」というのは、上体起こし能力を5段階評価した中位の範囲(偏差値45~55)を意味しており、約4割の人が該当すると思われます。

下表は上体起こし能力について、年齢階層ごとに5段階評価した場合の値です。おおむね「優る」は偏差値65以上、「やや優る」は偏差値55以上~65未満といったようにわけています。ご参照ください。

あなたの上体起こしの偏差値を計算してみよう!

あなたの上体起こし[回/30秒]:

(参考表) 2020年 日本人女性の上体起こしの5段階評価値

下表はGD Freakが平均値、標準偏差のデータをもとに計算した女性の上体起こしの年齢別の5段階評価の一覧です。

下の表の項目が多くゴチャゴチャして見づらい場合はチェックをはずしてください。

[単位 : 回/30秒]

年齢・
学年
平均値 優れている やや優れている 普通 やや劣っている 劣っている
[回/30秒] [回/30秒] [回/30秒] [回/30秒] [回/30秒] [回/30秒]
6歳
小学1年
12.5 19以上 18~15 14~10 9~5 4以下
7歳
小学2年
13.65 21以上 20~17 16~11 10~5 4以下
8歳
小学3年
15.62 23以上 22~19 18~12 11~7 6以下
9歳
小学4年
17.98 25以上 24~21 20~15 14~10 9以下
10歳
小学5年
19.2 25以上 24~22 21~16 15~12 11以下
11歳
小学6年
19.67 27以上 26~23 22~17 16~12 11以下
12歳
中学1年
21.32 28以上 27~24 23~18 17~13 12以下
13歳
中学2年
22.63 31以上 30~26 25~19 18~14 13以下
14歳
中学3年
24.37 33以上 32~28 27~21 20~15 14以下
15歳
高校1年
22.33 31以上 30~26 25~19 18~13 12以下
16歳
高校2年
23.53 32以上 31~27 26~20 19~14 13以下
17歳
高校3年
23.57 33以上 32~27 26~20 19~13 12以下
18歳
大学1年
23.4 32以上 31~27 26~20 19~14 13以下
19歳
大学2年
23.22 31以上 30~26 25~20 19~14 13以下
20~24歳 20.44 28以上 27~24 23~17 16~12 11以下
25~29歳 19.42 27以上 26~23 22~16 15~11 10以下
30~34歳 18.56 26以上 25~22 21~15 14~10 9以下
35~39歳 16.92 23以上 22~20 19~14 13~10 9以下
40~44歳 15.81 23以上 22~19 18~13 12~7 6以下
45~49歳 14.9 21以上 20~18 17~12 11~8 7以下
50~54歳 13.12 22以上 21~17 16~9 8~3 2以下
55~59歳 12.52 21以上 20~16 15~9 8~3 2以下
60~64歳 12.02 21以上 20~16 15~8 7~2 1以下
65~69歳 9.07 18以上 17~13 12~5 4~1 0以下
70~74歳 7.48 16以上 15~11 10~4 4~1 0以下
75~79歳 7.48 16以上 15~11 10~4 3~1 0以下

「優れている」…偏差値65以上
「やや優れている」…偏差値55~65未満
「平均的」…偏差値45~55未満
「やや劣っている」…偏差値35~45未満
「劣っている」…偏差値35未満

グラフの選択



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2021-04-27

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 14
  • 収録グラフ数 2 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

日本人の日常生活の歩行数

関連性:同一アイテム

2015年 日本人の座高

関連性:同位分類

2020年 日本人の体重

関連性:同位分類

2020年 日本人の身長

関連性:同位分類

2020年 日本人の握力テスト(6歳~79歳)

関連性:同一アイテム

2019年 日本人高齢者のADL(日常生活活動)テスト

関連性:同一アイテム

2020年 日本の高齢者体力テスト(65歳~79歳)

関連性:同一アイテム

2020年 日本人のハンドボール投げテスト(12歳~19歳)

関連性:同一アイテム

2020年 日本人のソフトボール投げテスト(6歳~11歳)

関連性:同一アイテム

2020年 日本人の立ち幅とびテスト(6歳~64歳)

関連性:同一アイテム

2020年 日本人の50m走テスト(6歳~19歳)

関連性:同一アイテム

2020年 日本人の急歩テスト(20歳~64歳)

関連性:同一アイテム

2020年 日本人の持久走テスト(12歳~19歳)

関連性:同一アイテム

2020年 日本人の20mシャトルランテスト(6歳~64歳)

関連性:同一アイテム

2020年 日本人の反復横とびテスト(6歳~64歳)

関連性:同一アイテム

2020年 日本人の長座体前屈テスト(6歳~79歳)

関連性:同一アイテム