a national flag日本

80~84歳の高齢者が介護を必要となった主な原因の構成割合(2016年)
《男性》

グラフ 80~84歳の高齢者が介護を必要となった主な原因の構成割合(2016年) 男性

【データ出所】厚生労働省 国民生活基礎調査

【メタ情報/グラフタイトル一覧】 Click!

【ロボット君のつぶやき】
我が国の80~84歳の男性人口は人口動態調査によると2018年1月時点で約213.1万人と総人口の1.7% をしめています。
このうち要支援と認定される人は2018年4月末時点で12.8万人、要介護と認定される人が同じく32.9万人となっています(介護事業状況調査)。人口比率でみると、6.4%が要支援、同じく16.5%が要介護の認定をうけ、ほぼ5人に1人が要支援または要介護状態となっています。

80~84歳の男性が介護を必要となった主な原因を「平成28年国民生活基礎調査」の結果から見てみましょう。

80~84歳の男性の場合、最も頻度の高いのは[脳血管疾患(脳卒中)]で23.6%を占めます。次いで、[認知症](15.6%)、[骨折・転倒](7.6%)、[心疾患(心臓病)](6.2%)、[高齢による衰弱](6.1%)、[関節疾患](5.9%)、[パーキンソン病](5.9%)、[悪性新生物(がん)](5.7%)、[呼吸器疾患](4.8%)、[糖尿病](4.7%)、[脊髄損傷](2.9%)の順となっています。

【更新日】2018-09-06



【MyGDへ登録】 MyGD button

【クリックで画像拡大】

80~84歳の高齢者が介護を必要となった主な原因の構成割合(2016年)
80~84歳の高齢者が介護を必要となった主な原因の構成割合(2016年)の女性

1 男性   

女性   

【ダウンロード】PayPal決済

・ファイル形式 Excel xlsx

・収録データ系列数 1

・収録グラフ数 2 (上記のグラフ全て)

・決済方法の詳細についてはこちら

・価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)