脳血管疾患(脳卒中)で介護が必要となった人の日常生活の自立の状況(2016年)

1. 日常生活自立度の分布

グラフ 脳血管疾患(脳卒中)で介護が必要となった人の日常生活の自立の状況(2016年) 日常生活自立度の分布

データ出所

厚生労働省 国民生活基礎調査を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

脳血管疾患(脳卒中)は、「2012年~2014年 人口動態保健所・市町村別統計」によると、男性の死因 では癌、心疾患、肺炎に次いで4番目、女性の死因 に限ると3番目に高くなっています。

脳血管疾患の怖いところは、たとえ一命をとりとめても何らかの後遺症が残ってしまう点です。「平成28年国民生活基礎調査」によると、65~74歳の前期高齢者が介護を必要となる主な原因として、一番多いのがこの病気で、31.7%をしめ、75歳以上の後期高齢者でも13.3%をしめます。また男性に限ると、前期高齢者が介護状態になる原因の38.5%、およそ4割が脳血管疾患によるものです。

それでは脳血管疾患(脳卒中)によって介護を必要となった人の日常生活自立度の分布を、「平成28年国民生活基礎調査」の結果から見ていきましょう。上図は脳血管疾患(脳卒中)による要介護(要支援)者の日常生活自立度の分布をあらわしています。

最も頻度の高いのは[ランクA]... 屋内での生活はおおむね自立しているが、介助なしには外出できないで30.6%を占めます。次いで、[ランクJ]... 何らかの障害等を有するが、日常生活はほぼ自立しており独力で外出できる(21.9%)、[ランクB]... 屋内での生活は何らかの介助を要し、日中もベッド上での生活が主体であるが座位を保つ(19.2%)、[ランクC]... 1日中ベッド上で過ごし、排せつ、食事、着替において介助を要する(14.9%)の順となっています。

続いて脳血管疾患(脳卒中)が主たる原因の場合の要介護(要支援)度の分布 をご覧ください。

グラフの選択

  • 1 日常生活自立度の分布   
  • 要介護(要支援)度の分布   


  • メタ情報/グラフタイトル一覧

    この統計に関する説明やその他のグラフへのリンクを確認する場合はこちらです。

    更新日

    2018-09-06

    ダウンロード

    ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

    • ファイル形式 Excel xlsx
    • 収録データ系列数 2
    • 収録グラフ数 2 (上記のグラフ全て。ただし、参考グラフ・表は含みません。)
    • 決済方法の詳細についてはこちら
    • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

    会員登録のご案内

    会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

    関連グラフ

    高齢による衰弱で介護が必要となった人の日常生活の自立の状況(2016年)

    関連性:同一アイテム

    脊髄損傷で介護が必要となった人の日常生活の自立の状況(2016年)

    関連性:同一アイテム

    骨折・転倒で介護が必要となった人の日常生活の自立の状況(2016年)

    関連性:同一アイテム

    視覚・聴覚障害で介護が必要となった人の日常生活の自立の状況(2016年)

    関連性:同一アイテム

    糖尿病で介護が必要となった人の日常生活の自立の状況(2016年)

    関連性:同一アイテム

    パーキンソン病で介護が必要となった人の日常生活の自立の状況(2016年)

    関連性:同一アイテム

    認知症で介護が必要となった人の日常生活の自立の状況(2016年)

    関連性:同一アイテム

    関節疾患で介護が必要となった人の日常生活の自立の状況(2016年)

    関連性:同一アイテム

    呼吸器疾患で介護が必要となった人の日常生活の自立の状況(2016年)

    関連性:同一アイテム

    悪性新生物(がん)で介護が必要となった人の日常生活の自立の状況(2016年)

    関連性:同一アイテム

    心疾患(心臓病)で介護が必要となった人の日常生活の自立の状況(2016年)

    関連性:同一アイテム