a national flag日本

2012年~2014年 日本人の死因構成
《2012年~2014年 日本の男性の死因構成》

グラフ 年次 2012年~2014年 日本人の死因構成 2012年~2014年 日本の男性の死因構成

【データ出所】厚生労働省 人口動態保健所・市町村別統計

【メタ情報/グラフタイトル一覧】 Click!

【ロボット君のつぶやき】
2012年~2014年における日本の男性の死因構成は、悪性腫瘍が33.3%と最も多く、次いで心疾患14.1%、肺炎10.1%、脳血管疾患9.4%の順。残りがその他の死因で33.1%。

また悪性腫瘍では、胃がんが5.2%、大腸がんが3.8%、肝がん・肝内胆管がんが3.4%、気管がん・気管支がん・肺がんが7.9%、その他が13.0%となっている。

【2012年~2014年 日本の2012年~2014年 日本の男性の死因構成】






%
死亡総数3,155,767100.0
悪性腫瘍_計1,051,46833.3
悪性腫瘍_胃がん163,5085.2
悪性腫瘍_大腸がん120,3753.8
悪性腫瘍_肝がん・肝内胆管がん106,3863.4
悪性腫瘍_気管がん・気管支がん・肺がん249,9957.9
悪性腫瘍_その他411,20413.0
心疾患_計443,93914.1
心疾患_急性心筋梗塞118,2983.7
心疾患_心不全126,6734.0
心疾患_その他198,9686.3
肺炎317,30710.1
脳血管疾患_計298,2179.4
脳血管疾患_脳内出血92,7222.9
脳血管疾患_脳梗塞172,4565.5
脳血管疾患_その他33,0391.0
その他の死因_計1,044,83633.1
肝疾患52,6021.7
腎不全55,5291.8
老衰56,0811.8
不慮の事故124,7284.0
自殺102,1193.2
その他653,77720.7

【更新日】2017-05-26



【MyGDへ登録】 MyGD button

【クリックで画像拡大】

2012年~2014年 日本人の死因構成
2012年~2014年 日本人の死因構成の2012年~2014年 日本の女性の死因構成

1 2012年~2014年 日本の男性の死因構成   

【ダウンロード】PayPal決済

・ファイル形式 Excel xlsx

・収録グラフ数 2 (上記のグラフ全て)

・決済方法の詳細についてはこちら

・価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)



【関連グラフの表示】

関連グラフ55個のうち20個をランダムに表示しています。