2019年 沖縄県 小学5年生の全国と比べた体力運動能力

1. 2019年 沖縄県 男子小学5年生の体力運動能力は高いか

グラフ 年次 2019年 沖縄県 小学5年生の全国と比べた体力運動能力 2019年 沖縄県 男子小学5年生の体力運動能力は高いか

データ出所

文部科学省スポーツ庁 全国体力運動調査を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

このグラフは、沖縄県の男子小学5年生(学齢10歳)の体力運動能力について、「令和元年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査」(スポーツ庁)のデータを用いて、全国と比べたものです。

グラフの中の青線で描かれた八角形が、赤い点線で描かれた八角形(偏差値50)の外にあるほど、全国平均よりも能力が優れていることを意味します。

沖縄県の男子小学5年生の全国平均に比べた体力運動能力は、「ソフトボール投げ」が全国平均より優れているのですが、「長座体前屈」や「50m走」、「上体起こし」、「20mシャトルラン」が劣っているようです。

運動特性からみて、 「タイミングを上手にとる能力(タイミングの良さ)」に優れていますが、「素早く動く能力(敏捷さ)」と「動きを持続する能力(ねばり強さ)」、「体の柔らかさ」を高めるような運動をもっともっとたくさんやるといいのかもしれません。

体力運動能力テストは、ご覧のように8種類のテストから構成されます。この内、「握力」は全身の筋力、「上体起こし」は体幹の筋力や筋持久力、「長座体前屈」は腰部から大腿の裏側(ハムストリング)の柔軟度、「反復横とび」は敏捷性、「20mシャトルラン」は有酸素運動の全身持久能力、「50m走」はスピード、「立ち幅とび」は瞬発力、「ソフトボール投げ」は投球に必要な瞬発力や運動のタイミングをとる調整能力(巧緻性)をみるものです。

なお、グラフを描くのに必要な偏差値は、テスト種目ごとの全国平均値及び標準偏差からGD Freak が独自に算出したものです。

また、他の都道府県のグラフをご覧になるには メタ情報の都道府県地図上の該当する箇所をクリックしてください。

(参考表) 沖縄県 小学5年生男子の体力・運動能力の測定結果一覧

この表は、沖縄県の男子小学5年生の握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、20mシャトルラン、50m走、立ち幅とび、ソフトボール投げの平均値と偏差値をまとめたものです。

下の表の項目が多く見づらい場合はチェックをはずしてください。

種目 沖縄県平均 全国平均 偏差値
全国=50
握力(Kg) 16.41 16.37 50.1
上体起こし(回) 19.01 19.8 48.7
長座体前屈(cm) 32.68 33.24 49.3
反復横とび(点) 41.6 41.74 49.8
20mシャトルラン(回) 47.12 50.32 48.5
50m走(秒) 9.54 9.42 48.8
立ち幅とび(cm) 151.3 151.47 49.9
ソフトボール投げ(m) 23.91 21.6 52.8


メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2020-11-24

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 6
  • 収録グラフ数 6 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

2019年 沖縄県 中学2年生の全国と比べた体力運動能力

関連性:同一アイテム

2020年 日本人の握力テスト(6歳~79歳)

関連性:類似

2020年 日本人の上体起こしテスト(6歳~79歳)

関連性:類似

2020年 日本人の長座体前屈テスト(6歳~79歳)

関連性:類似

2020年 日本人の反復横とびテスト(6歳~64歳)

関連性:類似

2020年 日本人の20mシャトルランテスト(6歳~64歳)

関連性:類似

2020年 日本人の50m走テスト(6歳~19歳)

関連性:類似

2020年 日本人の立ち幅とびテスト(6歳~64歳)

関連性:類似

2020年 日本人のソフトボール投げテスト(6歳~11歳)

関連性:類似