家計消費支出(全支出項目計)

2. 「二人以上世帯」の1世帯当たり消費支出額の12ケ月予測

グラフ 家計消費支出(全支出項目計) 「二人以上世帯」の1世帯当たり消費支出額の12ケ月予測

データ出所

総務省 家計調査を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

このグラフは、「二人以上世帯」の1世帯が消費支出する毎月の金額について、向こう12ヶ月の予測値と過去2年以上の実績値を対比したものです。

ここから、過去と比べた今後1年の消費需要のおおよその傾向をみてとることができます。予測はGD Freakによる時系列分析によるものです。

(参考表) 家計消費支出(全支出項目計)の月別データによる季節性の確認と12ケ月予測

データによっては、季節性がない場合もありますが、季節性がある場合は上昇する月と下降する月を確認しておきましょう。また、直近のトレンドを織り込んだ予測値も確認しておきましょう。

下の表の項目が多く見づらい場合はチェックをはずしてください。

[単位 : 円]

2020年(実績) 2021年(実績) 2022年(実績) 2022年(予測) 2023年(予測)
1月 287,173 267,760 287,801 - 296,317
2月 271,735 252,451 257,887 - 271,040
3月 292,214 309,800 307,261 - 320,388
4月 267,922 301,043 304,510 - 309,308
5月 252,017 281,063 287,687 - 296,052
6月 273,699 260,285 276,885 - 280,368
7月 266,897 267,710 285,313 - 290,911
8月 276,360 266,638 289,974 - 291,038
9月 269,863 265,306 280,999 - 285,218
10月 283,508 281,996 298,006 - 301,667
11月 278,718 277,029 285,947 285,947 291,604
12月 315,007 317,206 - 333,355 -

データ出所:家計調査(総務省)
データは2人以上世帯のもの。
予測値はGD Freak!がX12-ARIMAを用いて行ったもの。



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2022-11-08

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 12
  • 収録グラフ数 12 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥300 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

関連グラフ27個のうち20個をランダムに表示しています。

家具・家事用品の家計消費支出

関連性:下位分類

全国の景気ウォッチャー(街角景気)

関連性:別の関連統計

教育の家計消費支出

関連性:下位分類

食料の家計消費支出

関連性:下位分類

住居の家計消費支出

関連性:下位分類

商業の販売額の動向

関連性:関連統計

家電大型専門店の販売活動の動向

関連性:関連統計

被服及び履物の家計消費支出

関連性:下位分類

国内家計最終消費支出(四半期原系列)

関連性:別の関連統計

スーパーの販売活動の動向

関連性:関連統計

景気動向指数 一致系列(Coincident Series)

関連性:別の関連統計

教養娯楽の家計消費支出

関連性:下位分類

ドラッグストアの販売活動の動向

関連性:関連統計

小売業の販売額の動向

関連性:関連統計

消費者物価指数(総合)の推移

関連性:別の関連統計

その他の消費支出の家計消費支出

関連性:下位分類

消費者態度指数(総世帯、原系列)

関連性:別の関連統計

コンビニエンスストアの販売活動の動向

関連性:関連統計

卸売業の販売額の動向

関連性:関連統計

百貨店の販売活動の動向

関連性:関連統計