a national flag  日本

スーパーの販売活動の動向)
スーパーの販売額の推移

グラフ スーパーの販売活動の動向) スーパーの販売額の推移

データ出所

経済産業省 商業動態統計を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2019年3月のスーパーの販売額は1兆926億円。先月からは12.1%増加。また昨年の同じ3月との比較では2.4%多い。

各月の過去5年間(2014年~2018年)の平均値の推移(グラフ中の破線)をみると、スーパーの販売額が最も多いのは12月で最も少ない2月に比べ3割ほど多い。3月は12月の8割ほどで12ヶ月の中では5番目に多い方。次の2ケ月間は、4月が3月から約4.9%減少。5月は4月よりも4%ほどやや増加している。

なお、ここでいうスーパーとは、 従業者50人以上の小売事業所のうち、日本標準産業分類の総合スーパーに該当し、売場面積の50%以上についてセルフサービス方式を採用している事業所であって、かつ、売場面積が1,500平方 メートル以上の事業所をいう。 ただし、商業動態統計調査の家電大型専門店、ドラッグストア、ホームセンターの調査対象企業の傘下事業所 で、調査対象となっている事業所を除く。


メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する説明やその他のグラフへのリンクを確認する場合はこちらです。

更新日

2019-05-17

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 26
  • 収録グラフ数 7 (上記のグラフ全て。ただし、参考グラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

家計消費支出(全支出項目計)

関連性:関連統計

小売業の販売額の動向)

関連性:上位分類

スーパーの食堂・喫茶販売額の動向)

関連性:下位分類

スーパーのその他の販売額の動向)

関連性:下位分類

スーパーの家庭用品販売額の動向)

関連性:下位分類

スーパーの家庭用電気機械器具販売額の動向)

関連性:下位分類

スーパーの家具販売額の動向)

関連性:下位分類

スーパーのその他(家具~食堂・喫茶)の販売額の動向)

関連性:下位分類

スーパーの飲食料品販売額の動向)

関連性:下位分類

スーパーの身の回り品販売額の動向)

関連性:下位分類

スーパーのその他の衣料品販売額の動向)

関連性:下位分類

スーパーの婦人・子供服・洋品販売額の動向)

関連性:下位分類

スーパーの紳士服・洋品販売額の動向)

関連性:下位分類

スーパーの衣料品販売額の動向)

関連性:下位分類