日本

着工建築物_九州
《非居住用建築物の着工床面積》

グラフ 月次 着工建築物_九州 非居住用建築物の着工床面積

【データ出所】国土交通省 建築物着工統計

【メタ情報/グラフタイトル一覧】 Click!

【ロボット君のつぶやき】
2018年10月の九州における非居住用建築物の着工床面積は50万㎡。先月からは2.2%増加。増加したのは3ヶ月連続。また昨年の同じ10月と比較すると20.3%少ない。

各月の過去5年間(2013年~2017年)の平均値の動き(グラフ中の破線)をみると、九州における非居住用建築物の着工床面積が最も多いのは4月で最も少ない1月に比べ5割ほど多い。10月は4月に比較的近く、12ヶ月の中では2番目に多い方。次の2ケ月間は、11月が10月から約12.5%減少。12月は11月よりも3%ほどやや増加している。

【更新日】2018-11-30



【MyGDへ登録】 

【クリックで画像拡大】

着工建築物_九州の全建築物の着工床面積
着工建築物_九州の全建築物の工事費予定額
着工建築物_九州の居住用建築物の着工床面積
着工建築物_九州の居住用建築物の工事費予定額
着工建築物_九州
着工建築物_九州の非居住用建築物の工事費予定額

【ダウンロード】PayPal決済

・ファイル形式 Excel xlsx

・収録データ系列数 12

・収録グラフ数 6 (上記のグラフ全て)

・価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)



【関連グラフの表示】

【関連性】年次--月次
【関連性】下位分類(都道府県)
【関連性】下位分類(都道府県)
【関連性】下位分類(都道府県)
【関連性】下位分類(都道府県)
【関連性】下位分類(都道府県)
【関連性】下位分類(都道府県)
【関連性】下位分類(都道府県)
【関連性】上位分類
【関連性】別の関連統計