建築物着工総計の動向

グラフ 月次 建築物着工総計の動向 全建築物の着工床面積

データ出所

国土交通省 建築物着工統計を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2022年12月における全建築物の着工床面積は前年同月比15.8%減の896.7万㎡。前月との比較では6.3%減 (▲60.1万㎡)。減ったのは2ケ月連続。

(参考表) 全建築物の着工床面積

下の表の項目が多く見づらい場合はチェックをはずしてください。

[単位 : 万㎡]

期間 床面積 同左(HPフィルタ)
2022年12月 897 956
11月 957 966
10月 990 979
9月 969 994
8月 1,043 1,008
7月 1,125 1,018
6月 1,105 1,024
5月 971 1,025
4月 1,127 1,023
3月 979 1,020
2月 922 1,018
1月 862 1,019
2021年12月 1,066 1,024
11月 1,013 1,030
10月 1,209 1,034
9月 995 1,035
8月 954 1,034
7月 1,066 1,030
6月 1,085 1,023
5月 1,042 1,013
4月 1,054 998
3月 1,043 982
2月 859 966
1月 838 954
2020年12月 918 947
11月 937 945
10月 961 946
9月 1,007 948
8月 941 951
7月 970 953
6月 993 955
5月 953 957
4月 1,009 959
3月 984 962
2月 903 969
1月 799 980
2019年12月 1,036 996

HPフィルタとは、時系列データの複雑な動きから傾向を読み取る手法の一つ。経済学者の Robert J. Hodrick 氏とノーベル賞経済学者の Edward C. Prescott氏が1990年代に経済分野に導入。今日では時系列データのトレンド部分を抽出する手法として広く利用されているものです。



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2023-02-01

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 2
  • 収録グラフ数 1 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

関連グラフ46個のうち20個をランダムに表示しています。

建材原紙の生産・出荷・単価の動向

関連性:原材料・部品(生産)

短観 建設業

関連性:別の関連統計

建築物着工総計の季節調整値による動向

関連性:原系列--季調系列

建設工事出来高_総計

関連性:別の関連統計

新設住宅着工総計の動向

関連性:別の関連統計

パーティクルボードの生産・出荷の動向

関連性:原材料・部品(生産)

気泡コンクリート製品(ALC製品)の生産・出荷・単価の動向

関連性:原材料・部品(生産)

北海道の建築物着工の推移

関連性:下位分類(地域)

セメントの生産・出荷・単価の動向

関連性:原材料・部品(生産)

公共の建築物着工の動向

関連性:下位分類(発注者)

建材(雨どい及び同付属品)の生産・出荷・単価の動向

関連性:原材料・部品(生産)

木毛・木片セメント板の生産・出荷・単価の動向

関連性:原材料・部品(生産)

沖縄県の建築物着工の推移

関連性:下位分類(地域)

景気動向指数 先行系列(Leading Series)

関連性:別の関連統計

非居住用の建築物着工の動向

関連性:下位分類(用途)

中部地方の建築物着工の推移

関連性:下位分類(地域)

着工建築物総計の動向

関連性:年次--月次

関東地方の建築物着工の推移

関連性:下位分類(地域)

日本の商業の状況

関連性:関連統計

耐火れんが(不定形耐火物を除く)の生産・出荷・単価の動向

関連性:原材料・部品(生産)