日本

2016年 日本人のブランデーの消費量

グラフ 年次 2016年 日本人のブランデーの消費量 ブランデーの成人1人当たり1ヶ月の消費量(2016年度)

【データ出所】国税庁 酒税課税状況表

【メタ情報/グラフタイトル一覧】 Click!


【ロボット君のつぶやき】
ブランデーは果実酒を蒸留したものです。消費量はウイスキーの20分の1程度とかなり少ないようです。

国税庁の「酒税課税状況表」を基に計算すると、2016年度のブランデーの成人1人当たり1ヶ月の消費量は全国平均で5.20ml。都道府県別では青森が最も多く8.90ml。次いで2位が京都(8.60ml)、3位が大分(8.50ml)、4位が千葉(8.10ml)、5位が東京(7.70ml)。

一方、少ない方から数えると、鹿児島が2.40mlで第1位。次いで少ない順に沖縄(2.60ml)、群馬(2.90ml)、埼玉(3.00ml)、茨城(3.10ml)。

各都道府県の数量と順位については下表をご覧ください。

【2016年度 成人1人当たり1ヶ月の消費量】





都道府県ml全国=100
全国5.2100.0
北海道4.23080.8
青森8.91171.2
岩手3.73571.2
宮城4.91894.2
秋田4.42784.6
山形3.53967.3
福島4.52386.5
茨城3.14359.6
栃木3.93275.0
群馬2.94555.8
埼玉3.04457.7
千葉8.14155.8
東京7.75148.1
神奈川4.52386.5
新潟3.44065.4
富山3.73571.2
石川7.06134.6
福井4.52386.5
山梨4.13178.8
長野3.73571.2
岐阜4.42784.6
静岡3.93275.0
愛知6.67126.9
三重3.73571.2
滋賀3.44065.4
京都8.62165.4
大阪6.49123.1
兵庫4.42784.6
奈良3.34263.5
和歌山4.91894.2
鳥取5.316101.9
島根3.93275.0
岡山5.815111.5
広島5.913113.5
山口6.310121.2
徳島5.11798.1
香川4.72290.4
愛媛4.91894.2
高知6.212119.2
福岡6.58125.0
佐賀5.913113.5
長崎6.310121.2
熊本4.52386.5
大分8.53163.5
宮崎4.91894.2
鹿児島2.44746.2
沖縄2.64650.0

20歳以上の1人当たり1ヶ月の消費量は、『平成28年度 酒税の課税関係等状況表』(国税庁)と『住民基本台帳に基づく人口』(総務省)からGD Freak が算出。


【更新日】2018-03-13



【データ及びExcelファイルについて】

【ダウンロード】PayPal決済

・ファイル形式 Excel xlsx

・収録データ系列数 3

・収録グラフ数 1 (上記のグラフ全て)

・価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

調整中


【関連グラフの表示】

2016年 日本人の清酒の消費量/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類
2016年 日本人の合成清酒の消費量/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類
2016年 日本人の連続式蒸留焼酎の消費量/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類
2016年 日本人の単式蒸留焼酎の消費量/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類
2016年 日本人のみりんの消費量/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類
2016年 日本人のビールの消費量/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類
2016年 日本人の果実酒の消費量/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類
2016年 日本人の甘味果実酒の消費量/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類
2016年 日本人のウイスキーの消費量/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類
2016年 日本人の発泡酒の消費量/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類
2016年 日本人の原料用アルコール・スピリッツの消費量/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類
2016年 日本人のリキュールの消費量/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類
2016年 日本人のその他の酒類の消費量/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類
2016年 日本人の酒類消費量(合計)/150
【出所】国税庁 酒税課税状況表
【関連性】同位分類