a national flag日本

都道府県の有効求人倍率、新規求人倍率、新規求人数増加率の比較(地図グラフを含む)
《2018年11月 都道府県別有効求人倍率(季節調整値)》

グラフ 月次 都道府県の有効求人倍率、新規求人倍率、新規求人数増加率の比較(地図グラフを含む) 2018年11月 都道府県別有効求人倍率(季節調整値)

【データ出所】厚生労働省 一般職業紹介状況(公共職業安定所業務統計)

【メタ情報/グラフタイトル一覧】 Click!

【ロボット君のつぶやき】
2018年11月の有効求人倍率は、全国平均では1.63倍。47都道府県のうち1.0倍に達しないのは0。最も倍率が高いのは東京で2.13倍。次いで広島(2.11)、福井(2.08)、岐阜(2.08)の順。一方、最も低いのは沖縄で1.17倍。全国平均よりも0.46低い。次いで北海道(1.20)、神奈川(1.21)、長崎(1.24)などが低いグループとなっている。

なお、用語については「メタ情報」をご参照ください。また都道府県別の一般職業紹介状況(有効求人倍率など)については、左のサムネールをクリックするか、メタ情報からアクセルしてご覧になれます。

【更新日】2018-12-29



【MyGDへ登録】 MyGD button

【クリックで画像拡大】

都道府県の有効求人倍率、新規求人倍率、新規求人数増加率の比較(地図グラフを含む)
都道府県の有効求人倍率、新規求人倍率、新規求人数増加率の比較(地図グラフを含む)の2018年11月 都道府県別有効求人倍率(季節調整値)の地図グラフ
都道府県の有効求人倍率、新規求人倍率、新規求人数増加率の比較(地図グラフを含む)の2018年11月 都道府県別新規求人倍率(季節調整値)
都道府県の有効求人倍率、新規求人倍率、新規求人数増加率の比較(地図グラフを含む)の2018年11月 都道府県別新規求人倍率(季節調整値)の地図グラフ
都道府県の有効求人倍率、新規求人倍率、新規求人数増加率の比較(地図グラフを含む)の2018年11月 都道府県別新規求人数の前月比{増加率)(季節調整値)

【ダウンロード】PayPal決済

・ファイル形式 Excel xlsx

・収録データ系列数 3

・収録グラフ数 5 (上記のグラフ全て)

・決済方法の詳細についてはこちら

・価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

調整中


【関連グラフの表示】

関連グラフ49個のうち20個をランダムに表示しています。

【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類
【関連性】関連統計
【関連性】下位分類
【関連性】下位分類