都道府県の有効求人倍率、新規求人倍率、新規求人数増加率の比較(地図グラフを含む)

1. 2019年7月 都道府県別有効求人倍率(季節調整値)

グラフ 月次 都道府県の有効求人倍率、新規求人倍率、新規求人数増加率の比較(地図グラフを含む) 2019年7月 都道府県別有効求人倍率(季節調整値)

データ出所

厚生労働省 一般職業紹介状況(公共職業安定所業務統計)を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2019年7月の有効求人倍率は、全国平均では1.59倍。47都道府県のうち1.0倍に達しないのは0。最も倍率が高いのは東京で2.09倍。次いで広島(2.03)、岐阜(2.02)、福井(2.02)の順。一方、最も低いのは神奈川で1.17倍。全国平均よりも0.42低い。次いで沖縄(1.19)、青森(1.20)、長崎(1.23)などが低いグループとなっている。

なお、用語については「メタ情報」をご参照ください。また都道府県別の一般職業紹介状況(有効求人倍率など)については、左のサムネールをクリックするか、メタ情報からアクセルしてご覧になれます。



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する説明やその他のグラフへのリンクを確認する場合はこちらです。

更新日

2019-08-30

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 3
  • 収録グラフ数 5 (上記のグラフ全て。ただし、参考グラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

関連グラフ49個のうち20個をランダムに表示しています。

福島県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

高知県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

奈良県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

日本の商業の状況

関連性:関連統計

静岡県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

秋田県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

熊本県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

千葉県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

和歌山県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

愛知県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

北海道の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

青森県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

岐阜県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

香川県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

福岡県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

徳島県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

滋賀県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

福井県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

長崎県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類

群馬県の一般職業紹介状況

関連性:下位分類