新設住宅着工総計の動向

2. 床面積

グラフ 月次 新設住宅着工総計の動向 床面積

データ出所

国土交通省 住宅着工統計を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2019年10月の新設住宅着工床面積は639万㎡。先月からは0.4%減少。また昨年の同じ10月と比較すると4.5%少ない。

各月の過去5年間(2014年~2018年)の平均値の推移(グラフ中の破線)をみると、新設住宅着工床面積が最も多いのは6月で最も少ない2月に比べ2割ほど多い。10月は6月に比較的近く、12ヶ月の中では3番目に多い方。次の2ケ月間は、11月が10月から約0.7%増加。12月は11月よりも7%ほど減少している。

グラフの選択

  • 戸数   
  • 2 床面積   


  • メタ情報/グラフタイトル一覧

    この統計に関する説明やその他のグラフへのリンクを確認する場合はこちらです。

    更新日

    2019-11-29

    ダウンロード

    ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

    • ファイル形式 Excel xlsx
    • 収録データ系列数 4
    • 収録グラフ数 2 (上記のグラフ全て。ただし、参考グラフ・表は含みません。)
    • 決済方法の詳細についてはこちら
    • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

    会員登録のご案内

    会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

    関連グラフ

    関連グラフ53個のうち20個をランダムに表示しています。

    中部地方の新設住宅着工の動向

    関連性:下位分類(地域)

    鉄骨鉄筋コンクリート造の新設住宅着工(総計)の動向

    関連性:下位分類(構造)

    建築物着工総計の季節調整値による動向

    関連性:原系列--季調系列

    建設工事受注高(大手50社)_総計

    関連性:別の関連統計

    プレハブ工法による鉄骨造の新設住宅着工の動向

    関連性:下位分類(構造)

    木毛・木片セメント板

    関連性:原材料・部品(生産)

    九州地方の新設住宅着工の動向

    関連性:下位分類(地域)

    東北地方の新設住宅着工の動向

    関連性:下位分類(地域)

    鉄筋コンクリート造の新設住宅着工(総計)の動向

    関連性:下位分類(構造)

    ツーバイフォー工法による新設住宅着工(総計)の動向

    関連性:下位分類(構造)

    アルミニウム製

    関連性:原材料・部品(生産)

    鉄構物の生産の動向

    関連性:原材料・部品(生産)

    分譲住宅の新設着工の動向

    関連性:下位分類(用途)

    建材(床材料)

    関連性:原材料・部品(生産)

    気泡コンクリート製品(ALC製品)

    関連性:原材料・部品(生産)

    プレハブ工法による新設住宅着工(総計)の動向

    関連性:下位分類(構造)

    建材原紙

    関連性:原材料・部品(生産)

    景気動向指数 先行系列(Leading Series)

    関連性:別の関連統計

    関東地方の新設住宅着工の動向

    関連性:下位分類(地域)

    近畿地方の新設住宅着工の動向

    関連性:下位分類(地域)