建設工事受注高の推移

2. 土木工事

グラフ 月次 建設工事受注高の推移 土木工事

データ出所

国土交通省 建設工事受注動態統計を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2024年5月の元請と下請を合算した土木工事受注額は2兆1948億円。先月からは18.7%減少。減少したのは2ヶ月連続。また昨年の同じ5月との比較では6.4%多い。

各月の過去5年間(2019年~2023年)の平均値の動き(グラフ中の破線)をみると、元請と下請を合算した土木工事受注額は最も多い3月に比べ最も少ない1月では半分以下まで減少している。5月は3月の約5割で1年の中では2番目に少ない方。次の2ケ月間は、6月が5月から約27.8%増加。7月は6月よりも4%ほどやや減少している。

(参考表) 土木工事

下の表の項目が多く見づらい場合はチェックをはずしてください。

[単位 : 億円]

期間 2022年 2023年 2024年 過去5年平均
1月 17,098 18,474 15,598 18,264
2月 19,754 25,275 22,227 20,867
3月 46,894 45,963 46,348 42,886
4月 23,916 21,631 27,013 23,210
5月 21,371 20,628 21,948 20,038
6月 27,096 25,944 25,606
7月 24,378 24,189 24,617
8月 25,289 23,169 22,076
9月 30,018 26,593 27,603
10月 23,405 22,172 23,164
11月 22,641 21,267 21,379
12月 23,670 21,031 21,436

グラフの選択



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2024-07-16

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 4
  • 収録グラフ数 4 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

関連グラフ49個のうち20個をランダムに表示しています。

生コンクリートの出荷量の予測

関連性:関連統計

中部の建設工事受注高の推移

関連性:下位分類(地域)

プレストレストコンクリート製品の生産・出荷の動向

関連性:原材料・部品(生産)

建材(雨どい及び同付属品)の生産・出荷の動向

関連性:原材料・部品(生産)

木毛・木片セメント板の生産・出荷の動向

関連性:原材料・部品(生産)

土木建設機械の生産・出荷の動向

関連性:原材料・部品(生産)

九州(沖縄含)の建設工事受注高の推移

関連性:下位分類(地域)

アスファルトの建設向け等内需量の予測

関連性:関連統計

普通鋼鋼材の建設資材需要量の予測

関連性:関連統計

陶磁器(衛生用品)の生産・出荷の動向

関連性:原材料・部品(生産)

関東の建設工事受注高の推移

関連性:下位分類(地域)

北海道の建設工事受注高の推移

関連性:下位分類(地域)

鉄構物

関連性:原材料・部品(生産)

短観 窯業・土石製品製造業

関連性:別の関連統計

セメントの生産・出荷の動向

関連性:原材料・部品(生産)

設備工事業の建設工事受注高の推移

関連性:下位分類(業種)

職別工事業の建設工事受注高の推移

関連性:下位分類(業種)

短観 建設業

関連性:別の関連統計

スチール又はステンレス製の生産・出荷の動向

関連性:原材料・部品(生産)

建設工事受注高(元請)の推移

関連性:下位分類(発注者)