建設工事出来高_総計

グラフ 月次 建設工事出来高_総計 総計

データ出所

国土交通省 建設総合統計を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2022年9月の全国の民間と公共を合わせた建設工事(建築+土木)の出来高は4兆6125億円。先月からは5.7%増加。増加したのは4ヶ月連続。また昨年の同じ9月との比較では2.6%多い。

各月の過去5年間(2017年~2021年)の平均値の動き(グラフ中の破線)をみると、全国の民間と公共を合わせた建設工事(建築+土木)の出来高が最も多いのは12月で最も少ない5月に比べ3割ほど多い。9月は12月の9割ほどの水準。次の2ケ月間は、10月が9月から約3.9%増加。11月は10月よりも1%ほどやや増加している。

(参考表) 総計

下の表の項目が多く見づらい場合はチェックをはずしてください。

[単位 : 億円]

期間 2020年 2021年 2022年 過去5年平均
1月 47,152 46,797 45,639 46,809
2月 45,619 45,461 44,280 45,821
3月 46,323 46,562 44,908 45,975
4月 38,594 38,627 38,405 38,438
5月 36,841 36,996 37,266 37,069
6月 38,915 39,513 39,979 39,208
7月 39,842 40,951 41,281 40,575
8月 41,505 42,462 43,644 42,428
9月 44,341 44,976 46,125 44,839
10月 46,227 46,703 46,584
11月 46,935 47,024 47,133
12月 47,824 47,302 47,805


メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2022-11-21

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 1
  • 収録グラフ数 1 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

関連グラフ21個のうち20個をランダムに表示しています。

建設業活動指数

関連性:別の関連統計

四国の建設工事出来高

関連性:下位分類(地域)

関東の建設工事出来高

関連性:下位分類(地域)

民間投資による建設工事出来高

関連性:下位分類(民間)

建築物着工総計の動向

関連性:別の関連統計

東北の建設工事出来高

関連性:下位分類(地域)

建設工事出来高_総計

関連性:年次--月次

アスファルトの建設向け等内需量の予測

関連性:関連統計

生コンクリートの出荷量の予測

関連性:関連統計

公共投資による建設工事出来高

関連性:下位分類(公共)

近畿の建設工事出来高

関連性:下位分類(地域)

普通鋼鋼材の建設資材需要量の予測

関連性:関連統計

木材の製材品出荷量の予測

関連性:関連統計

建設工事受注高(元請)の推移

関連性:別の関連統計

中部の建設工事出来高

関連性:下位分類(地域)

北海道の建設工事出来高

関連性:下位分類(地域)

新設住宅着工総計の動向

関連性:別の関連統計

建設資材需要予測

関連性:関連統計

北陸の建設工事出来高

関連性:下位分類(地域)

九州(沖縄含)の建設工事出来高

関連性:下位分類(地域)