日本

建設工事出来高_近畿

グラフ 月次 建設工事出来高_近畿 出来高

【データ出所】国土交通省 建設総合統計

【メタ情報/グラフタイトル一覧】 Click!

【ロボット君のつぶやき】
2018年9月の近畿の建設工事出来高は5,543.2億円。先月からは4.7%増加。増加したのは2ヶ月連続。また昨年の同じ9月との比較では3.3%多い。

各月の過去5年間(2013年~2017年)の平均値の推移(グラフ中の破線)をみると、近畿の建設工事出来高が最も多いのは12月で最も少ない4月に比べ3割ほど多い。9月は12月の9割ほどの水準。9月から向こう1~2ケ月先の動きをみると、10月~11月の近畿の建設工事出来高は9月よりも増加する傾向にある。具体的には、10月が9月から約3.8%増加。11月は10月よりも5%ほど増加している。

なお、建設総合統計とは、国土交通省が建設活動を総合的に把握することを目的として、「建築着工統計」や「建設工事受注動態統計」の工事一件ごとに着工ベース又は受注ベースの金額を出来高ベースに換算し、さらに統計のもれ補正を施し、それに工事請負額以外の発注者経費を加えて建設投資ベースの工事出来高に換算した加工統計です。

【更新日】2018-11-16



【MyGDへ登録】 

【ダウンロード】PayPal決済

・ファイル形式 Excel xlsx

・収録データ系列数 1

・収録グラフ数 1 (上記のグラフ全て)

・価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)



【関連グラフの表示】

【関連性】下位分類(都道府県)
【関連性】下位分類(都道府県)
【関連性】下位分類(都道府県)
【関連性】下位分類(都道府県)
【関連性】下位分類(都道府県)
【関連性】下位分類(都道府県)
【関連性】上位分類
【関連性】別の関連統計
【関連性】別の関連統計
【関連性】別の関連統計