日本の商業の状況

1. 商業の年間商品販売額の推移

グラフ 年次 日本の商業の状況 商業の年間商品販売額の推移

データ出所

経済産業省 商業統計を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2014年の商業の年間商品販売額は478兆8284億円。1994年以降の調査の中で最も大きい1994年に比べると72.8%の水準まで減少。また7年前の2007年に比べるとマイナス12.7%、69.4兆円の減少。

なお、注意点として、2014年の数値は、「平成26年経済センサス活動調査」の結果に基づいており、従来の「商業統計」に比べると、捕捉漏れがあり、過少となっている可能性があります。


メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する説明やその他のグラフへのリンクを確認する場合はこちらです。

更新日

2016-07-26

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 10
  • 収録グラフ数 17 (上記のグラフ全て。ただし、参考グラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

関連グラフ68個のうち20個をランダムに表示しています。

沖縄県の商業の状況

関連性:下位分類

千葉県の商業の状況

関連性:下位分類

秋田県の商業の状況

関連性:下位分類

大阪府の商業の状況

関連性:下位分類

福岡県の商業の状況

関連性:下位分類

静岡県の商業の状況

関連性:下位分類

大分県の商業の状況

関連性:下位分類

日本の機械器具卸売業の状況

関連性:下位分類

滋賀県の商業の状況

関連性:下位分類

県民経済計算による全都道府県比較

関連性:関連統計

都道府県の有効求人倍率、新規求人倍率、新規求人数増加率の比較(地図グラフを含む)

関連性:関連統計

日本の飲食料品卸売業の状況

関連性:下位分類

長崎県の商業の状況

関連性:下位分類

北海道の商業の状況

関連性:下位分類

着工建築物総計の動向

関連性:関連統計

東京都の商業の状況

関連性:下位分類

日本のその他の小売業の状況

関連性:下位分類

茨城県の商業の状況

関連性:下位分類

佐賀県の商業の状況

関連性:下位分類

三重県の商業の状況

関連性:下位分類