埼玉県の一般職業紹介状況

1. 有効求人倍率(季節調整値)

グラフ 月次 埼玉県の一般職業紹介状況 有効求人倍率(季節調整値)

データ出所

厚生労働省 一般職業紹介状況(公共職業安定所業務統計)を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2020年6月における埼玉県の有効求人倍率(季節調整値)は前月との比較では0.09ポイント低下。下がったのは6ケ月連続。この水準となったのは2016年2月以来、実に4年4カ月ぶり。

一方、原数値では前年同月比0.33ポイント低下し0.89。前月との比較では0.08ポイント低下。悪化したのは6ケ月連続。この水準となったのは2015年9月以来、実に4年9カ月ぶり。

なお、有効求人倍率とは有効求職者数に対する有効求人数の比です。団塊世代のリタイアをカバーするための求人が増える一方、就業人口そのものが急速に減少する場合、有効求人倍率は景気とは関係なく計算上自然に上昇してしまいます。

このところの有効求人倍率の上昇傾向は景気とはほぼ無関係に就業者そのものの大幅な減少や非正社員の増加に伴う流動化の影響がほとんどと理解するのが妥当とおもわれます。是非、有効求人数や有効求職数の動きも併せてご参照ください。



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2020-07-31

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 12
  • 収録グラフ数 6 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

都道府県の有効求人倍率、新規求人倍率、新規求人数増加率の比較(地図グラフを含む)

関連性:上位分類

埼玉県の県民経済計算

関連性:別の関連統計

南関東の一般職業紹介状況

関連性:上位分類

埼玉県の一般職業紹介状況

関連性:年次--月次