大阪・本場市場の生鮮ホタテガイ(帆立貝)の市況(値段・価格と数量)

3. ホタテガイ(生鮮)の主産地の日別卸値(相対取引)の相場

グラフ 大阪・本場市場の生鮮ホタテガイ(帆立貝)の市況(値段・価格と数量) ホタテガイ(生鮮)の主産地の日別卸値(相対取引)の相場

データ出所

大阪市中央卸売市場 水産市況情報を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

このグラフは、大阪・本場市場での相対取引による国内主産地のホタテガイ(生鮮)の値段(キロ単価)について、ここ2週間の動きをあらわしています。

2021年7月27日(火)の大阪・本場市場におけるホタテガイ(生鮮)の相対取引の主産地(入荷主力上位2)は北海道と宮城県。北海道産の卸値は、高値が1キロ当たり4,320円、中値が702円、安値が540円。一方の宮城県産の卸値は、高値が1キロ当たり5,184円、中値が3,456円、安値が2,808円。

今週(23日~27日)の主産地の高値の平均は、先週(16日~20日)の同平均から852円上昇して4,725円。昨年の同時期と比べると1割弱ほど高い。また今週の主産地の安値の平均は2,047円。先週の同平均から809円上昇。昨年同時期と比べ4倍以上と高い水準。

(参考表) ホタテガイ(生鮮)の主産地の日別卸値(相対取引)の相場

下の表の項目が多く見づらい場合はチェックをはずしてください。

[単位 : 円/kg]

取引日 主産地 高値 中値 安値
2021年7月
9金
北海道 4,320 2,160 1,944
宮城県 5,184 3,456 2,808
10土 北海道 5,472 540 432
青森県 1,426 756 405
12月 北海道 4,320 2,052 457
青森県 756 432 405
13火 北海道 4,320 540 432
宮城県 5,184 3,456 3,024
15木 北海道 4,320 2,052 2,040
宮城県 5,184 3,456 2,808
16金 北海道 4,320 540 405
宮城県 5,184 3,456 2,808
17土 北海道 4,104 2,030 1,944
宮城県 5,184 3,456 3,024
19月 北海道 4,320 702 540
宮城県 5,184 3,456 2,808
20火 - - - -
- - - -

「卸売価格」には消費税額が含まれています。
「高値」…最も高い卸売価格
「中値」…最も総販売数量の多い卸売価格。ただし高値と中値が同じなら、高値のみ記載。
「安値」…中値未満の卸売価格のうち、総卸売数量が最も多い卸売価格。ただし中値、高値と安値が同じなら、中値のみ記載
「主産地」とは当日の入荷主力となった都道府県又は輸入先国・地域を指します。



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2021-07-27

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 6
  • 収録グラフ数 6 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

豊洲市場のホタテガイ(帆立貝)の市況(値段・価格と数量)

関連性:東京市場-大阪市場

ホタテ貝の家計消費支出

関連性:関連統計

大阪・本場市場の冷凍ホタテガイ(帆立貝)の市況(値段・価格と数量)

関連性:生鮮--冷凍

大阪・本場市場の生鮮アカガイ(赤貝)の市況(値段・価格と数量)

関連性:類似

大阪・本場市場の生鮮アワビ(鮑)の市況(値段・価格と数量)

関連性:類似

大阪・本場市場の生鮮スッポン(鼈)の市況(値段・価格と数量)

関連性:類似

大阪・本場市場の生鮮ハマグリ(蛤)の市況(値段・価格と数量)

関連性:類似

大阪・本場市場の生鮮アサリ(浅蜊)の市況(値段・価格と数量)

関連性:類似

大阪・本場市場の生鮮カキ(牡蠣)の市況(値段・価格と数量)

関連性:類似