鹿児島県の一般職業紹介状況

3. 有効求人数(季節調整値)

グラフ 月次 鹿児島県の一般職業紹介状況 有効求人数(季節調整値)

データ出所

厚生労働省 一般職業紹介状況(公共職業安定所業務統計)を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2022年5月における鹿児島県の有効求人数(季節調整値)は前月との比較では2.3%増 (1,009人)。増えたのは2ケ月連続。

(参考表) 有効求人数(季節調整値)

下の表の項目が多く見づらい場合はチェックをはずしてください。

[単位 : 人]

期間 有効求人数(季節調整値) 同左(HPフィルタ)
2022年5月 44,857 44,020
4月 43,848 43,783
3月 43,015 43,519
2月 43,221 43,241
1月 43,086 42,953
2021年12月 42,371 42,656
11月 42,076 42,355
10月 41,816 42,050
9月 41,500 41,733
8月 41,449 41,395
7月 41,439 41,019
6月 40,913 40,590
5月 40,839 40,102
4月 39,713 39,556
3月 38,698 38,967
2月 38,426 38,352
1月 38,168 37,724
2020年12月 37,661 37,097
11月 37,152 36,495
10月 35,941 35,952
9月 35,448 35,515
8月 35,089 35,232
7月 34,016 35,148
6月 33,674 35,307
5月 33,484 35,729
4月 35,059 36,401
3月 36,291 37,267
2月 38,891 38,243
1月 40,961 39,224
2019年12月 41,795 40,122
11月 42,196 40,879
10月 42,260 41,473
9月 42,229 41,909
8月 42,340 42,206
7月 41,986 42,391
6月 42,268 42,491
5月 42,290 42,528

HPフィルタとは、時系列データの複雑な動きから傾向を読み取る手法の一つ。経済学者の Robert J. Hodrick 氏とノーベル賞経済学者の Edward C. Prescott氏が1990年代に経済分野に導入。今日では時系列データのトレンド部分を抽出する手法として広く利用されているものです。



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2022-07-02

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 12
  • 収録グラフ数 6 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

都道府県の有効求人倍率、新規求人倍率、新規求人数増加率の比較(地図グラフを含む)

関連性:上位分類

鹿児島県の県民経済計算

関連性:別の関連統計

九州の一般職業紹介状況

関連性:上位分類

鹿児島県の一般職業紹介状況

関連性:年次--月次