新潟県の一般職業紹介状況

3. 有効求人数(季節調整値)

グラフ 月次 新潟県の一般職業紹介状況 有効求人数(季節調整値)

データ出所

厚生労働省 一般職業紹介状況(公共職業安定所業務統計)を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2022年4月における新潟県の有効求人数(季節調整値)は前月との比較では2.3%増 (1,188人)。増えたのは3ケ月ぶり。

(参考表) 有効求人数(季節調整値)

下の表の項目が多く見づらい場合はチェックをはずしてください。

[単位 : 人]

期間 有効求人数(季節調整値) 同左(HPフィルタ)
2022年4月 52,628 51,551
3月 51,440 51,318
2月 52,226 50,989
1月 52,231 50,551
2021年12月 49,209 50,013
11月 48,929 49,421
10月 48,504 48,802
9月 47,679 48,176
8月 47,255 47,554
7月 46,764 46,939
6月 46,822 46,327
5月 46,269 45,712
4月 45,508 45,097
3月 44,489 44,495
2月 43,529 43,930
1月 43,825 43,423
2020年12月 43,322 42,988
11月 43,040 42,647
10月 42,470 42,431
9月 42,546 42,374
8月 42,408 42,516
7月 42,396 42,896
6月 41,169 43,554
5月 40,507 44,518
4月 44,914 45,770
3月 46,812 47,210
2月 50,307 48,723
1月 51,895 50,184
2019年12月 54,535 51,500
11月 53,971 52,614
10月 54,080 53,528
9月 53,809 54,271
8月 54,452 54,884
7月 55,120 55,399
6月 55,670 55,838
5月 56,124 56,219
4月 55,975 56,554

HPフィルタとは、時系列データの複雑な動きから傾向を読み取る手法の一つ。経済学者の Robert J. Hodrick 氏とノーベル賞経済学者の Edward C. Prescott氏が1990年代に経済分野に導入。今日では時系列データのトレンド部分を抽出する手法として広く利用されているものです。



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2022-06-07

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 12
  • 収録グラフ数 6 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

都道府県の有効求人倍率、新規求人倍率、新規求人数増加率の比較(地図グラフを含む)

関連性:上位分類

新潟県の県民経済計算

関連性:別の関連統計

北陸の一般職業紹介状況

関連性:上位分類

新潟県の一般職業紹介状況

関連性:年次--月次