輸入 SITC: 51 有機化学品

1. 輸入額の推移

グラフ 年次 輸入 SITC: 51 有機化学品 輸入額の推移

データ出所

財務省 貿易統計を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2020年の輸入額は前年比1.3%増の27,066億円。前年より増加となったのは2年ぶり。1990年以降で最も大きかった2018年と比べると98.1%の水準。

グラフの選択



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2021-02-18

グラフ及びデータについてのお知らせ事項

・グラフ表示期間の全貿易相手国別の輸入額を収録

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 155
  • 収録グラフ数 2 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

関連グラフ44個のうち20個をランダムに表示しています。

ニトリル官能化合物の輸入動向 HS2926

関連性:下位分類(HS4桁)

非環式炭化水素の輸入動向 HS2901

関連性:下位分類(HS4桁)

有機硫黄化合物の輸入動向 HS2930

関連性:下位分類(HS4桁)

輸入額(全品目合計)

関連性:上位分類

カルボキシアミド官能化合物及び炭酸のアミド官能化合物の輸入動向 HS2924

関連性:下位分類(HS4桁)

第四級アンモニウム塩、水酸化第四級アンモニウム及びレシチンその他のホスホアミノリピド(レシチンその他のホスホアミノリピドについては、化学的に単一であるかないかを問わない)の輸入動向 HS2923

関連性:下位分類(HS4桁)

フェノール又はフェノールアルコールのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体の輸入動向 HS2908

関連性:下位分類(HS4桁)

アルデヒド(他の酸素官能基を有するか有しないかを問わない)、アルデヒドの環式重合体及びパラホルムアルデヒドの輸入動向 HS2912

関連性:下位分類(HS4桁)

炭化水素のスルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体(ハロゲン化してあるかないかを問わない)の輸入動向 HS2904

関連性:下位分類(HS4桁)

非金属のその他の無機酸のエステル(ハロゲン化水素酸エステルを除く)及びその塩並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体の輸入動向 HS2920

関連性:下位分類(HS4桁)

核酸及びその塩(化学的に単一であるかないかを問わない)並びにその他の複素環式化合物の輸入動向 HS2934

関連性:下位分類(HS4桁)

飽和非環式モノカルボン酸並びにその酸無水物、酸ハロゲン化物、酸過酸化物及び過酸並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体の輸入動向 HS2915

関連性:下位分類(HS4桁)

炭化水素のハロゲン化誘導体の輸入動向 HS2903

関連性:下位分類(HS4桁)

リン酸エステル及びその塩(ラクトホスフェートを含む)並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体の輸入動向 HS2919

関連性:下位分類(HS4桁)

ヒドラジン又はヒドロキシルアミンの有機誘導体の輸入動向 HS2928

関連性:下位分類(HS4桁)

アセタール及びヘミアセタール(他の酸素官能基を有するか有しないかを問わない)並びにこれらのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体の輸入動向 HS2911

関連性:下位分類(HS4桁)

スルホンアミドの輸入動向 HS2935

関連性:下位分類(HS4桁)

アミン官能化合物の輸入動向 HS2921

関連性:下位分類(HS4桁)

環式アルコール並びにそのハロゲン化誘導体、スルホン化誘導体、ニトロ化誘導体及びニトロソ化誘導体の輸入動向 HS2906

関連性:下位分類(HS4桁)

フェノール及びフェノールアルコールの輸入動向 HS2907

関連性:下位分類(HS4桁)