金属・同製品の価格(輸出品)の推移

4. 年次・契約通貨ベース

グラフ 金属・同製品の価格(輸出品)の推移 年次・契約通貨ベース

データ出所

日本銀行 企業物価指数を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2020年を100とした指数でみると2022年における金属・同製品(契約通貨ベース)の輸出物価指数(EPI)は前年比18.6%増の158.0。2020年から2年連続して増加。

最大値・・・158(2022年)
最小値・・・100(2020年)
平均値・・・130.4
標準偏差・・23.76

グラフの選択



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2023-01-17

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 4
  • 収録グラフ数 4 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

金属・同製品の価格(輸入品)の推移

関連性:輸出--輸入

金属製品の価格(輸出品)の推移

関連性:下位分類

非鉄金属の価格(輸出品)の推移

関連性:下位分類

鉄鋼の価格(輸出品)の推移

関連性:下位分類

ゼラチン・接着剤の価格(輸出品)の推移

関連性:下位分類

輸出物価指数(総平均)の推移

関連性:上位分類