金融資産として保有されている雇用者ストックオプションの動向

4. 金融資産増減(取引額)

グラフ 四半期 金融資産として保有されている雇用者ストックオプションの動向 金融資産増減(取引額)

データ出所

日本銀行 資金循環統計を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

このグラフは、残高の増減を「取引額要因」と「時価変動要因」に分解して、その推移を見たものです。2022年第4四半期(10-12月期)末の増減額0兆円を要因分解すると、取引額要因が0兆円、時価変動要因が0兆円となっている。

★取引額要因・・・金融商品の売買等による金融取引の結果として、増減した資産金額。また、フロー要因とも言われています。
時価変動要因・・・保有する(保有されている)金融商品の価格変化等により増減した資産金額。また、調整要因とも言われています。



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2023-03-18

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 9
  • 収録グラフ数 8 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

金融資産として保有されている金融派生商品・雇用者ストックオプションの動向

関連性:上位分類

金融負債として保有されている雇用者ストックオプションの動向

関連性:資産--負債

金融資産として保有されている雇用者ストックオプションの動向

関連性:年度--四半期