植物性の液汁及びエキス、ペクチン質、ペクチニン酸塩、ペクチン酸塩並びに寒天その他植物性原料から得た粘質物及びシックナー(変性させてあるかないかを問わない)の輸入動向 HS1302

1. 輸入額の推移

グラフ 年次 植物性の液汁及びエキス、ペクチン質、ペクチニン酸塩、ペクチン酸塩並びに寒天その他植物性原料から得た粘質物及びシックナー(変性させてあるかないかを問わない)の輸入動向 HS1302 輸入額の推移

データ出所

財務省 貿易統計を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2020年の輸入額は前年比2.0%減の368億円。2年連続の減少。2001年以降で最も大きかった2018年と比べると88.3%の水準。

グラフの選択



メタ情報/グラフタイトル一覧

この統計に関する情報やこの統計から作成したグラフの一覧を確認する場合はこちらです。

更新日

2021-02-18

グラフ及びデータについてのお知らせ事項

・グラフ表示期間の全貿易相手国別輸入額及びHS4桁に含まれる6桁コード別輸入額を収録

ダウンロード

ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

  • ファイル形式 Excel xlsx
  • 収録データ系列数 92
  • 収録グラフ数 2 (各ページの最上部にあるグラフ。それ以外のグラフ・表は含みません。)
  • 決済方法の詳細についてはこちら
  • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

会員登録のご案内

会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

関連グラフ

植物性の液汁及びエキス、ペクチン質、ペクチニン酸塩、ペクチン酸塩並びに寒天その他植物性原料から得た粘質物及びシックナー(変性させてあるかないかを問わない)の輸出動向 HS1302

関連性:輸出--輸入

輸入 SITC: 29 その他の動物性又は植物性の原材料

関連性:上位分類

植物性の液汁及びエキス、ペクチン質、ペクチニン酸塩、ペクチン酸塩並びに寒天その他植物性原料から得た粘質物及びシックナー(変性させてあるかないかを問わない)の輸入動向 HS1302

関連性:年次--月次

その他(植物性原料から得た粘質物及びシックナー)の輸入動向 HS130239

関連性:下位分類(HS6桁)

ローカストビーン、その種又はグアーシードから得たもの(植物性原料から得た粘質物及びシックナー)の輸入動向 HS130232

関連性:下位分類(HS6桁)

寒天(植物性原料から得た粘質物及びシックナー)の輸入動向 HS130231

関連性:下位分類(HS6桁)

(植物のペクチン質、ペクチニン酸塩及びペクチン酸塩)の輸入動向 HS130220

関連性:下位分類(HS6桁)

その他(生あへん、甘草、ホップ以外)(植物の液汁及びエキス)の輸入動向 HS130219

関連性:下位分類(HS6桁)

ホップ(植物の液汁及びエキス)の輸入動向 HS130213

関連性:下位分類(HS6桁)

甘草(植物の液汁及びエキス)の輸入動向 HS130212

関連性:下位分類(HS6桁)

生アヘンの輸入動向 HS130211

関連性:下位分類(HS6桁)