日本

2012年~2014年 須賀川市(スカガワシ 福島県)の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差
《2012年~2014年 須賀川市の男性の死因構成》

グラフ 年次 2012年~2014年 須賀川市(スカガワシ 福島県)の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差 2012年~2014年 須賀川市の男性の死因構成

【データ出所】厚生労働省 人口動態保健所・市町村別統計

【メタ情報/グラフタイトル一覧】 Click!

【ロボット君のつぶやき】
2012年~2014年における須賀川市の男性について死因内訳をみると、悪性腫瘍が31.3%と最も多く、次いで心疾患16.3%、脳血管疾患9.9%、肺炎8.5%の順。残りがその他の死因で34.0%。

また悪性腫瘍では、胃がんが5.7%、大腸がんが3.7%、肝がん・肝内胆管がんが2.3%、気管がん・気管支がん・肺がんが6.9%、その他が12.7%となっている。

なお、須賀川市の男性死亡率の全国と比べた死因別格差については、次のグラフをご覧ください。

【2012年~2014年 須賀川市の2012年~2014年 須賀川市の男性の死因構成】















%全国平均
=100
%
死亡総数2,093100.0109.39.3
悪性腫瘍_計65631.3103.23.2
悪性腫瘍_胃がん1195.7120.620.6
悪性腫瘍_大腸がん783.7107.27.2
悪性腫瘍_肝がん・肝内胆管がん492.376.3-23.7
悪性腫瘍_気管がん・気管支がん・肺がん1446.995.3-4.7
悪性腫瘍_その他26612.7--
心疾患_計34116.3126.626.6
心疾患_急性心筋梗塞1175.6162.262.2
心疾患_心不全1115.3145.445.4
心疾患_その他1135.4--
肺炎1778.592.2-7.8
脳血管疾患_計2089.9114.614.6
脳血管疾患_脳内出血602.9105.75.7
脳血管疾患_脳梗塞1316.3125.525.5
脳血管疾患_その他170.8--
その他の死因_計71134.0--
肝疾患341.6105.05.0
腎不全512.4151.851.8
老衰351.7108.0-
不慮の事故894.3116.7-
自殺733.5115.5-
その他42920.5--

【更新日】2017-05-26

【クリックで画像拡大】

2012年~2014年 須賀川市(スカガワシ 福島県)の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差
2012年~2014年 須賀川市(スカガワシ 福島県)の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差の須賀川市 男性の全国と比べた死因別死亡リスク格差
2012年~2014年 須賀川市(スカガワシ 福島県)の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差の2012年~2014年 須賀川市の女性の死因構成
2012年~2014年 須賀川市(スカガワシ 福島県)の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差の須賀川市 女性の全国と比べた死因別死亡リスク格差

【データ及びExcelファイルについて】

【ダウンロード】PayPal決済

・ファイル形式 Excel xlsx

・収録グラフ数 4 (上記のグラフ全て)

・価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

調整中


【関連グラフの表示】

須賀川市(スカガワシ 福島県)の要介護(要支援)認定者数の将来予測  (2018年~2045年)/150
【出所】厚生労働省「介護保険状況調査」、社人研「将来人口予測」、総務省「人口動態統計」を基にGD Freak 推計
【関連性】同地域
2012年~2014年 福島県の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差/150
【出所】厚生労働省 人口動態保健所・市町村別統計
【関連性】上位分類
須賀川市(スカガワシ 福島県)の人口と世帯/150
【出所】総務省 国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所 将来推計人口、総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数
【関連性】関連統計