日本

2012年~2014年 小平町(オビラチョウ 北海道)の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差
《小平町 男性の全国と比べた死因別死亡リスク格差》

グラフ 年次 2012年~2014年 小平町(オビラチョウ 北海道)の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差 小平町 男性の全国と比べた死因別死亡リスク格差

【データ出所】厚生労働省 人口動態保健所・市町村別統計

【メタ情報/グラフタイトル一覧】 Click!


【ロボット君のつぶやき】
このグラフは2012年~2014年の小平町の男性の死因別死亡率が、全国平均(当地域の各年齢層の死亡率が全国並みであると仮定した場合の男性の死亡率)からどの程度の差があるかをパーセントで示しています。グラフの目盛のゼロは全国平均をあらわし、グラフの棒が右にあるほど、死亡率が全国平均を上回っていることを意味しています。

日本でいわゆる三大生活習慣病といわれている「悪性腫瘍(がん)」「心疾患」「脳血管疾患」についてみると、悪性腫瘍(計)による死亡率は小平町が33.4%だけ全国平均を上回っています。つまり全国平均の1.33倍の死亡率の高さです。

同様に心疾患(計)は45.8%ほど全国平均より高く、全国平均の1.46倍。同じく脳血管疾患(計)も21.4%ほど全国平均より高く、全国平均の1.21倍となっています。

また心不全が全国平均の2.02倍の死亡率の高さです。これは全国平均を大幅に上回っています。ただし、実際の死亡数が少数で場合には計算において極端に大きな数値になってしますことがあります。続いて腎不全が同様に2.01倍、同じく大腸がんが1.50倍、脳梗塞が1.50倍、急性心筋梗塞が1.45倍、気管がん・気管支がん・肺がんが1.41倍、肺炎が1.12倍となっています。

なお、以上についての留意点として、小規模人口の町村については、標準化死亡比の算定法の性質から信頼性が低く参考にならないことがあります。

【更新日】2017-05-26



【クリックで画像拡大】

2012年~2014年 小平町(オビラチョウ 北海道)の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差の2012年~2014年 小平町の男性の死因構成
2012年~2014年 小平町(オビラチョウ 北海道)の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差
2012年~2014年 小平町(オビラチョウ 北海道)の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差の2012年~2014年 小平町の女性の死因構成
2012年~2014年 小平町(オビラチョウ 北海道)の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差の小平町 女性の全国と比べた死因別死亡リスク格差

【データ及びExcelファイルについて】

【ダウンロード】PayPal決済

・ファイル形式 Excel xlsx

・収録グラフ数 4 (上記のグラフ全て)

・価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

調整中


【関連グラフの表示】

小平町(オビラチョウ 北海道)の要介護(要支援)認定者数の将来予測  (2018年~2045年)/150
【出所】厚生労働省「介護保険状況調査」、社人研「将来人口予測」、総務省「人口動態統計」を基にGD Freak 推計
【関連性】同地域
2012年~2014年 北海道の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差/150
【出所】厚生労働省 人口動態保健所・市町村別統計
【関連性】上位分類
小平町(オビラチョウ 北海道)の人口と世帯/150
【出所】総務省 国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所 将来推計人口、総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数
【関連性】関連統計