医家向け医薬品の価格の推移

4. 年次・消費税を除く

グラフ 医家向け医薬品の価格の推移 年次・消費税を除く

データ出所

日本銀行 企業物価指数を基にGD Freak!が作成

 ロボット君のつぶやき

2015年を100とした指数でみると2018年における医家向け医薬品(消費税を除く)の国内企業物価指数(PPI)は前年比6.9%減の86.1。2000年から一貫して減少傾向が続いている。

最大値・・・155.3(2000年)
最小値・・・86.1(2018年)
平均値・・・121.7
標準偏差・・21.07

グラフの選択

  • 月次・消費税込   
  • 月次・消費税を除く   
  • 年次・消費税込   
  • 4 年次・消費税を除く   


  • メタ情報/グラフタイトル一覧

    この統計に関する説明やその他のグラフへのリンクを確認する場合はこちらです。

    更新日

    2019-08-13

    ダウンロード

    ファイルのダウンロードを希望される方はPayPalによる決済をしてください。下にある"カートに入れる"をクリックしてPayPal決済へ進んでください。

    • ファイル形式 Excel xlsx
    • 収録データ系列数 4
    • 収録グラフ数 4 (上記のグラフ全て。ただし、参考グラフ・表は含みません。)
    • 決済方法の詳細についてはこちら
    • 価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

    会員登録のご案内

    会員登録(無料)をして頂くとグラフをMyGDへ登録することができます。

    関連グラフ

    関連グラフ23個のうち20個をランダムに表示しています。

    腫瘍用薬の価格の推移

    関連性:下位分類

    ビタミン剤の価格の推移

    関連性:下位分類

    抗生物質製剤の価格の推移

    関連性:下位分類

    泌尿生殖器官・肛門用薬の価格の推移

    関連性:下位分類

    放射性医薬品の価格の推移

    関連性:下位分類

    アレルギー用薬の価格の推移

    関連性:下位分類

    呼吸器官用薬の価格の推移

    関連性:下位分類

    医薬品の価格の推移

    関連性:上位分類

    循環器官用薬の価格の推移

    関連性:下位分類

    人工透析用薬の価格の推移

    関連性:下位分類

    中枢神経系用薬の価格の推移

    関連性:下位分類

    ホルモン剤の価格の推移

    関連性:下位分類

    滋養強壮薬の価格の推移

    関連性:下位分類

    消化器官用薬の価格の推移

    関連性:下位分類

    化学療法剤の価格の推移

    関連性:下位分類

    末梢神経系用薬の価格の推移

    関連性:下位分類

    生薬・漢方の価格の推移

    関連性:下位分類

    その他の代謝性医薬品の価格の推移

    関連性:下位分類

    血液・体液用薬の価格の推移

    関連性:下位分類

    外皮用薬の価格の推移

    関連性:下位分類