法人企業景気予測調査グラフ ポータル



データ出所

内閣府・財務省「法人企業景気予測調査」


更新予定

GD Freak は内閣府・財務省から四半期ごとに公表があり次第、グラフやファイルを、速やかに更新します。


ご参考

財務省のウェブサイトによると、「法人企業景気予測調査」は、我が国経済活動の主要部分を占める企業活動を把握することで 経済の現状及び今後の見通しに関する基礎資料を得ることを目的にして、無作為抽出した資本金1千万円以上(ただし、電気・ガス・水道業及び金融業、 保険業は1億円以上)の法人企業(約16,000社)を対象に実施されている調査です。
調査内容は判断項目と計数項目から構成され、判断項目は、15項目(下記の景況判断指数に対応)からなり、例えば「貴社の景況」や「国内の景況」の場合には、当四半期末、次四半期末、半期先末について、 それぞれ直前の四半期と比較した季節要因を除いて判断した実勢を 「上昇」「不変」「下降」「不明」の中から1つ選択して回答するものです。「国内の景況」以外の判断項目は、回答の企業についての判断となっています。

景況判断指数(Business Survey Index)は、この調査結果を基に、
BSI(%ポイント)=「上昇」と回答した企業の構成比(%) -下降」と回答した企業の構成比(%)
として作成した指標です。


ご提供するもの

GD Freak は、下表にしめす判断項目別及び財務局別のBSIについて、グラフとデータファイルをご提供します。
財務局別のBSIの判断項目は、貴社の景況判断BSI(「上昇」-「下降」)と従業員数判断BSI(「不足気味」-「過剰気味」)の2つになります。


2017年1-3月期更新日 2017年3月10日

大企業、中堅企業、中小企業別の景況判断指数(BSI)

景況判断指数(BSI)

グラフへ

貴社の景況判断(「上昇」-「下降」)

国内の景況判断BSI(「上昇」-「下降」)

売上高判断BSI(「増加」-「減少」)

経常利益判断BSI(「改善」-「悪化」)

国内需要判断BSI(「増加」-「減少」)

海外需要判断BSI(「増加」-「減少」)

販売価格判断BSI(「上昇」-「低下」)

仕入価格判断BSI(「上昇」-「低下」)

製(商)品在庫判断BSI(「不足」-「過大」)

原材料在庫判断BSI(「不足」-「過大」)

資金繰り判断BSI(「改善」-「悪化」)

金融機関の融資態度判断BSI(「緩やか」-「厳しい」)

設備判断BSI(「不足」-「過大」)

従業員数判断BSI(「不足気味」-「過剰気味」)

臨時パート判断BSI(「増加」-「減少」)


財務局別の景況判断指数(BSI)

財務局

管轄区域

グラフへ

北海道財務局北海道

東北財務局青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島

関東財務局茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野

北陸財務局富山、石川、福井

東海財務局岐阜、静岡、愛知、三重

近畿財務局 滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山

中国財務局鳥取、島根、岡山、広島、山口

四国財務局徳島、香川、愛媛、高知

九州財務局熊本、大分、宮崎、鹿児島

福岡財務支局福岡、佐賀、長崎

沖縄総合事務局沖縄