日本

高崎市(タカサキシ 群馬県)の要介護(要支援)認定者数の将来予測 (2018年~2045年)
《高崎市の要介護(要支援)認定者数(2018年4月)》

グラフ 年次 高崎市(タカサキシ 群馬県)の要介護(要支援)認定者数の将来予測  (2018年~2045年) 高崎市の要介護(要支援)認定者数(2018年4月)

【データ出所】厚生労働省「介護保険状況調査」、社人研「将来人口予測」、総務省「人口動態統計」を基にGD Freak 推計

【メタ情報/グラフタイトル一覧】 Click!


【ロボット君のつぶやき】
高崎市の要介護(要支援)の認定者数について見ていきましょう。上のグラフは、厚生労働省が毎月公表する「介護保険事業状況報告」を基に、GD Freak が一部推計を加え作成したものです。

2018年4月末における高崎市の65歳以上の要介護(要支援)の認定者総数は、16,346人です。内訳は「要支援1」が1,376人で合計の8.4%をしめ、同様に「要支援2」が1,792人(11.0%)、「要介護1」が3,792人(23.2%)、「要介護2」が2,947人(18.0%)、「要介護3」が2,324人(14.2%)、「要介護4」が2,460人(15.0%)、「要介護5」が1,655人(10.1%)となっています。

これを、高崎市の65歳以上の男女別年齢層別人口に群馬県平均の要介護度別認定率を当てはめ、当市と県の人口構成の違いを調整して推計した要介護(要支援)認定者数17,048人と比較すると、実績値が推計値を702人(▲4.1%)とわずかながら下回ることがわかります。
また、要介護度3以上の重度の要介護者だけに着目すると、その差(▲1.4%)はほとんど見られず、群馬県の平均に近いことがわかります。実績値と推計値の乖離が最も大きくなるのは「要支援1」で▲29.0%、次いで「要支援2」も▲15.6%ほど少なくなっています。

また、全国平均の男女・年齢層別の要介護度別の認定率を高崎市の65歳以上の人口構成に当てはめて推計した要介護(要支援)認定者数18,216人と比較すると、総数では実績の方 が1,870人(▲10.3%)、全国平均よりも少ないことがわかります。

【更新日】2018-08-17



【クリックで画像拡大】

高崎市(タカサキシ 群馬県)の要介護(要支援)認定者数の将来予測  (2018年~2045年)
高崎市(タカサキシ 群馬県)の要介護(要支援)認定者数の将来予測  (2018年~2045年)の高崎市の要介護(要支援)認定者数の将来推計
高崎市(タカサキシ 群馬県)の要介護(要支援)認定者数の将来予測  (2018年~2045年)の高崎市の要介護(要支援)認定者1人を支える現役世代(20~64歳)人数の将来推計

【データ及びExcelファイルについて】

【ダウンロード】PayPal決済

・ファイル形式 Excel xlsx

・収録データ系列数 18

・収録グラフ数 3 (上記のグラフ全て)

・価格 ¥100 (ダウンロードする場合のみ)

調整中


【関連グラフの表示】

前期高齢者(65~74歳)が介護を必要となった主な原因の構成割合(2016年)/150
【出所】厚生労働省 国民生活基礎調査
【関連性】同一アイテム
後期高齢者(75歳以上)が介護を必要となった主な原因の構成割合(2016年)/150
【出所】厚生労働省 国民生活基礎調査
【関連性】同一アイテム
高崎市(タカサキシ 群馬県)の人口と世帯/150
【出所】総務省 国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所 将来推計人口、総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数
【関連性】同地域
高崎市(タカサキシ 群馬県)の住民1人当たり個人所得/150
【出所】総務省 市町村税課税状況等の調(しらべ)
【関連性】同地域
2012年~2014年 高崎市(タカサキシ 群馬県)の死因構成と標準化死亡比でみた全国との死亡リスク格差/150
【出所】厚生労働省 人口動態保健所・市町村別統計
【関連性】同地域