家計調査グラフ ポータル



グラフへのリンク一覧



データ出所

・総務省「家計調査」


更新予定

GD Freak は、次のようにファイル及びグラフを更新して参ります。
・月次系列は、総務省の公表があり次第、毎月速やかに更新します。
・年次系列は、例年2月中旬過ぎに総務省が前年平均値を公表しますので、公表され次第速やかに更新します。


ご提供ファイル

総務省が「家計調査」で公表している家計消費支出項目のうち「寄付」、「交際費」「仕送り金」「他の諸雑費のその他」を除く全て(2013年で609項目)について、 データとグラフを提供します。

具体的な項目については下記の消費支出項目分類の一覧をご参照ください。また、そこから直接グラフにアクセスすることができます。

なお、項目の中にはGD Freakが過去のデータと接続して見るために独自に複数の項目を統合した系列が含まれます。また、グラフの種類については、本ページの下部をご覧ください。



グラフへのリンク


12月分更新日 2017年1月30日


支出項目分類

「家計調査」では消費支出の項目を下表のように「食料」から「その他の消費支出」まで大きく10のカテゴリーに分類しています。 下表は 各カテゴリーに対応するGD Freak がご提供するファイルの数(項目数に一致)を示しています。


消費支出項目

ファイル数

0家計消費支出(全支出項目計)

1

1食料

250

2住居

18

3光熱・水道

11

4家具・家事用品

53

5被服及び履物

74

6保健医療

23

7交通・通信

38

8教育

19

9教養娯楽

77

10その他の消費支出

46


食料の支出項目

支出項目

グラフへ

食料

穀類

パン

食パン

他のパン

麺類

生うどん・そば

乾うどん・そば

スパゲッティ

中華麺

カップ麺

即席麺

他の麺類

他の穀類

小麦粉

もち

他の穀類のその他

魚介類

生鮮魚介

鮮魚

まぐろ

あじ

いわし

かつお

かれい

さけ

さば

さんま

たい

ぶり

いか

たこ

えび

かに

他の鮮魚

さしみ盛合わせ

貝類

あさり

しじみ

かき(貝)

ほたて貝

他の貝

塩干魚介

塩さけ

たらこ

しらす干し

干しあじ

煮干し

系列終了

魚肉練製品

揚げかまぼこ

ちくわ

かまぼこ

他の魚肉練製品

他の魚介加工品

かつお節・削り節

魚介の漬物

魚介のつくだ煮

魚介の缶詰

他の魚介加工品のその他

肉類

生鮮肉

牛肉

豚肉

鶏肉

合いびき肉

他の生鮮肉

加工肉

ハム

ソーセージ

ベーコン

他の加工肉

乳卵類

牛乳

乳製品

粉ミルク

ヨーグルト

バター

チーズ

他の乳製品

野菜・海藻

生鮮野菜

葉茎菜

キャベツ

ほうれんそう

はくさい

ねぎ

レタス

ブロッコリー

もやし

他の葉茎菜

根菜

さつまいも

じゃがいも

さといも

だいこん

にんじん

ごぼう

たまねぎ

れんこん

たけのこ

他の根菜

他の野菜

さやまめ

かぼちゃ

きゅうり

なす

トマト

ピーマン

生しいたけ

他のきのこ(しめじ、えのきだけを含む)

他の野菜のその他

乾物・海藻

豆類

干ししいたけ

干しのり

わかめ

こんぶ

他の乾物・海藻

大豆加工品

豆腐

油揚げ・がんもどき

納豆

他の大豆製品

他の野菜・海藻加工品

こんにゃく

梅干し

だいこん漬

はくさい漬

他の野菜の漬物

こんぶつくだ煮

他の野菜・海藻のつくだ煮

他の野菜・海藻加工品のその他

果物

生鮮果物

りんご

みかん

グレープフルーツ

オレンジ

他の柑きつ類

ぶどう

すいか

メロン

いちご

バナナ

キウイフルーツ

他の果物

果物加工品

油脂・調味料

油脂

食用油

マーガリン

調味料

食塩

しょう油

みそ

砂糖

ソース

ケチャップ

マヨネーズ・ドレッシング

マヨネーズ・マヨネーズ風調味料

ドレッシング

ジャム

カレールウ

乾燥スープ

風味調味料

ふりかけ

つゆ・たれ

他の調味料

菓子類

ようかん

まんじゅう

他の和生菓子

カステラ

ケーキ

ゼリー

プリン

他の洋生菓子

せんべい

ビスケット

スナック菓子

キャンデー

チョコレート

チョコレート菓子

アイスクリーム・シャーベット

他の菓子

調理食品

主食的調理食品

弁当

すし(弁当)

おにぎり・その他

調理パン

他の主食的調理食品

他の調理食品

うなぎのかば焼き

サラダ

コロッケ

カツレツ

天ぷら・フライ

しゅうまい

ぎょうざ

やきとり

ハンバーグ

冷凍調理食品

そうざい材料セット

他の調理食品のその他

飲料

茶類

緑茶

紅茶

他の茶葉

茶飲料

コーヒー・ココア

コーヒー

コーヒー飲料

ココア・ココア飲料

他の飲料

果実・野菜ジュース

炭酸飲料

乳酸菌飲料

乳飲料

ミネラルウォーター

他の飲料のその他(スポーツ飲料を含む)

酒類

清酒

焼酎

ビール

ワイン

発泡酒・ビール風アルコール飲料

ウイスキー

外食

一般外食

食事代

日本そば・うどん

中華そば

他の麺類外食

すし(外食)

和食

中華食

洋食(焼肉を含む)

ハンバーガー

他の主食的外食

喫茶代

飲酒代

学校給食

※ 2010年以降の「マヨネーズ・ドレッシング」は「マヨネーズ・マヨネーズ風調味料」と「ドレッシング」を GD Freak が合計。


※ 2015年以降の「その他の塩干魚介」には2015年から廃止となった「煮干し」が含まれます。GD Freakは新しい定義範囲となるよう遡及して両者を合算。


※ 2015年以降の「その他のきのこ」には、「しめじ」「えのきだけ」は含まれませんが、当面は旧分類との時系列性を担保するため、それらを「その他のきのこ(しめじ、えのきだけを含む)」に合算して計上。


※ 2015年以降の「他の飲料のその他」には、「スポーツ飲料」は含まれませんが、当面は旧分類との時系列性を担保するため、それらを「他の飲料のその他(スポーツ飲料を含む)」に合算して計上。


※ 2015年以降の「他の酒」には、「チューハイ・カクテル」は含まれませんが、当面は旧分類との時系列性を担保するため、それらを「他の酒(チューハイ・カクテルを含む」)に合算して計上。


※ 2015年以降の「洋食」には、「焼肉)」は含まれませんが、当面は旧分類との時系列性を担保するため、それらを「洋食(焼肉を含む)」に合算して計上。



住居の支出項目

支出項目

グラフへ

住居

家賃地代

民営家賃

公営家賃

給与住宅家賃

地代

他の家賃地代

設備修繕・維持

設備材料

設備器具

修繕材料

工事その他のサービス

畳替え

給排水関係工事費

外壁・塀等工事費

植木・庭手入れ代

他の工事費

火災・地震保険料


光熱・水道の支出項目

支出項目

グラフへ

光熱・水道

電気代

深夜電力電気代

他の電気代

ガス代

都市ガス

プロパンガス

他の光熱

灯油

他の光熱のその他

※ 2005年以降の「電気代」は「深夜電力電気代」と「他の電気代」を GD Freak が合計。


家具・家事用品の支出項目

※ 家計調査では2015年以降とそれまでの「他の家事用消耗品」の概念が異なります。当面は旧分類との時系列性を担保するため、「他の家事用消耗品のその他」と「柔軟仕上剤」「芳香・消臭剤」を合算して「他の家事用消耗品(柔軟仕上剤・消臭剤を含む)」に計上。


支出項目

グラフへ
家具・家事用品

家庭用耐久財

家事用耐久財

電子レンジ

炊事用電気器具

炊事用ガス器具

電気冷蔵庫

電気掃除機

電気洗濯機

ミシン

系列終了

他の家事用耐久財

冷暖房用器具

エアコンディショナ

ストーブ・温風ヒーター

他の冷暖房用器具

一般家具

たんす

食卓セット

応接セット

食器戸棚

他の家具

室内装備・装飾品

照明器具

室内装飾品

敷物

カーテン

他の室内装備品

寝具類

ベッド

布団

毛布

敷布

他の寝具類

家事雑貨

茶わん・皿・鉢

他の食卓用品

鍋・やかん

他の台所用品

電球・ランプ

タオル

他の家事雑貨

家事用消耗品

ポリ袋・ラップ

ティッシュペーパー

トイレットペーパー

台所・住居用洗剤

洗濯用洗剤

殺虫・防虫剤

他の家事用消耗品(柔軟仕上剤、芳香・消臭剤を含む)

家事サービス

家事代行料

清掃代

家具・家事用品関連サービス


被服及び履物の支出項目

支出項目

グラフへ

被服及び履物

和服

男子用和服

婦人用着物

婦人用帯

他の婦人用和服

子供用和服

洋服

男子用洋服

背広服

男子用上着

男子用ズボン

男子用コート

男子用学校制服

他の男子用洋服

婦人用洋服

婦人服

婦人用上着

スカート

婦人用スラックス

婦人用コート

女子用学校制服

他の婦人用洋服

子供用洋服

子供服

乳児服

シャツ・セーター類

男子用シャツ・セーター類

ワイシャツ

他の男子用シャツ

男子用セーター

婦人用シャツ・セーター類

ブラウス

他の婦人用シャツ

婦人用セーター

子供用シャツ・セーター類

子供用シャツ

子供用セーター

下着類

男子用下着類

男子用下着

男子用寝巻き

婦人用下着類

婦人用ファンデーション

他の婦人用下着

婦人用寝巻き

子供用下着類

子供用下着

子供用寝巻き

生地・糸類

着尺地・生地

他の生地・糸類

他の被服

帽子

ネクタイ

マフラー・スカーフ

手袋

男子用靴下

婦人用ストッキング

婦人用ソックス

子供用靴下

他の被服のその他

履物類

運動靴

サンダル

男子靴

婦人靴

子供靴

他の履物

被服関連サービス

仕立代

系列終了

洗濯代

被服・履物修理代

被服賃借料


保健医療の支出項目

支出項目

グラフへ

保健医療

医薬品

感冒薬

胃腸薬

栄養剤

外傷・皮膚病薬

他の外用薬

他の医薬品

健康保持用摂取品

保健医療用品・器具

紙おむつ

保健用消耗品

眼鏡

コンタクトレンズ

他の保健医療用品・器具

保健医療サービス

医科診療代

歯科診療代

出産入院料

他の入院料

整骨(接骨)・鍼灸院治療代

マッサージ料金等(診療外)

他の保健医療サービス(人間ドック等受診料を含む)


※ 家計調査では2015年に、それまでの「他の保健医療サービス」から「人間ドック等受診料」が分離されましたが、当面は旧分類との時系列性を担保するため、それらをを合算して「他の保健医療サービス(人間ドック等受診料を含む)」として計上。


交通・通信の支出項目

支出項目

グラフへ

交通・通信

交通

鉄道運賃

鉄道通学定期代

鉄道通勤定期代

バス代

バス通学定期代

バス通勤定期代

タクシー代

航空運賃

有料道路料

他の交通

自動車等関係費

自動車等購入

自動車購入

自動車以外の輸送機器購入

自転車購入

自動車等維持

ガソリン

自動車等部品

自動車等関連用品

自動車整備費

自動車以外の輸送機器整備費

年極・月極駐車場借料

他の駐車場借料

レンタカー・カーシェアリング料金

他の自動車等関連サービス

自動車保険料(自賠責)

自動車保険料(任意)

自動車保険料以外の輸送機器保険料

通信

郵便料

固定電話通信料

移動電話通信料

運送料

通信機器

移動電話

他の通信機器

※ 「通信機器」は「移動電話」と「他の通信機器」を GD Freak が合計。


教育の支出項目

支出項目

グラフへ

教育

授業料等

国公立小学校

私立小学校

国公立中学校

私立中学校

国公立高校

私立高校

国公立大学

私立大学

幼児教育費用

専修学校

教科書・学習参考教材

教科書

学習参考教材

補習教育

幼児・小学校補習教育

中学校補習教育

高校補習教育・予備校


教養娯楽の支出項目

支出項目

グラフへ

教養娯楽

教養娯楽用耐久財

テレビ

携帯型音楽・映像用機器

ビデオレコーダー・プレイヤー

パーソナルコンピュータ

カメラ

ビデオカメラ

楽器

書斎・学習用机・椅子

他の教養娯楽用耐久財

教養娯楽用耐久財修理代

教養娯楽用品

文房具

筆記・絵画用具

ノート・紙製品

他の学習用消耗品

他の学習用文房具

他の文房具

運動用具類

ゴルフ用具

他の運動用具

スポーツ用品

テレビゲーム

テレビゲーム機

ゲームソフト等

他の玩具

音楽・映像用未使用メディア

音楽・映像収録済メディア

切り花

ペットフード

動物病院代

他の愛玩動物・同用品(サービスを含む)

園芸品・同用品

手芸・工芸材料

電池

他の教養娯楽用品のその他

教養娯楽用品修理代

書籍・他の印刷物

新聞

雑誌(週刊誌を含む)

書籍

他の印刷物

教養娯楽サービス

宿泊料

パック旅行費

国内パック旅行費

外国パック旅行費

月謝類

語学月謝

他の教育的月謝

音楽月謝

他の教養的月謝

スポーツ月謝

自動車教習料

家事月謝

他の月謝類

他の教養娯楽サービス

放送受信料

NHK放送受信料

ケーブルテレビ放送受信料

他の放送受信料

入場・観覧・ゲーム代

映画・演劇等入場料

スポーツ観覧料

ゴルフプレー料金

スポーツ施設使用料

スポーツクラブ使用料

他のスポーツ施設使用料

文化施設入場料

遊園地入場・乗物代

他の入場・ゲーム代

諸会費

写真撮影・プリント代

教養娯楽賃借料

インターネット接続料

他の教養娯楽サービスのその他

※ 2010年以降の「テレビゲーム」は「テレビゲーム機」と「ゲームソフト等」を GD Freak が合計。この系列は2014年で終了。 2010年以降の「スポーツ施設使用料」は「ゴルフプレー料金」と「スポーツクラブ使用料」及び「他のスポーツ施設使用料」をGD Freak が合計。


※ 家計調査では2015年に、それまでの「園芸品・同用品」は、「園芸用植物」と「園芸用品」に分轄されましたが、当面は旧分類との時系列性を担保するため、それらをを合算して「園芸品・同用品」として計上。


※ 家計調査では2014年までの「他の愛玩動物・同用品」から2015年以降に「他の愛玩動物関連サービス」が分離されましが、当面は旧分類との時系列性を担保するため、それらをを合算して「他の愛玩動物・同用品(サービスを含む)」として計上。



その他の消費支出の支出項目

支出項目

グラフへ

その他の消費支出

諸雑費

理美容サービス

温泉・銭湯入浴料

理髪料

パーマネント代

カット代

他の理美容代

理美容用品

理美容用電気器具

歯ブラシ

他の理美容用品

浴用・洗顔石けん

シャンプー

ヘアリンス・ヘアトリートメント

歯磨き

整髪・養毛剤

化粧クリーム

化粧水

乳液

ファンデーション

口紅

他の化粧品(ヘアカラーリンク剤を含む)

身の回り用品

かばん類

ハンドバッグ

通学用かばん

旅行用かばん

他のバッグ

装身具

腕時計

他の身の回り用品

身の回り用品関連サービス

たばこ

他の諸雑費

信仰・祭祀費

祭具・墓石

婚礼関係費

葬儀関係費

他の冠婚葬祭費

非貯蓄型保険料

寄付金

保育費用

介護サービス

他の諸雑費のその他

こづかい

交際費

仕送り金


※ 家計調査では2015年に「他の化粧品」から「ヘアカラーリンク剤」が分離されましたが、当面は旧分類との時系列性を担保するため、それらをを合算して「他の化粧品(ヘアカラーリンク剤を含む)」として計上。


※ 家計調査では2015年に「非貯蓄型保険料」が、医療保険料」と「他の非貯蓄型保険料」に分轄されましたが、当面は旧分類との時系列性を担保するため、それらをを合算して「非貯蓄型保険料」として計上。



グラフの種類

グラフの種類は最も多いファイルで下記の15種類のグラフが格納されています。

ただし、消費支出項目によっては調査開始の年数が浅く時系列分析に馴染まないものや統計的に有意な結果が得られないものがありますので、 各エクセルファイルに格納されるグラフ及びデータの数は一様ではありません。GD Freak の検索画面からグラフをみることができますので、 ご購入の場合にはお確かめ願います。


Graph1: 「二人以上世帯」の1世帯当たり消費支出額の長期トレンド

・対象:「二人以上世帯」の月次データが直近から4年分以上公表されている消費支出項目

・内容:消費支出額の他、消費支出トレンド、消費者態度指数トレンドを含む。

消費支出トレンドは消費支出を、消費者態度指数トレンドは 内閣府「消費者態度指数」 (一般世帯、原数値)をそれぞれH-Pフィルタにてスムージング。

※ H-Pフィルタは、経済学者の Robert J. Hodrick 氏とノーベル賞経済学者の Edward C. Prescott氏により1990年代に経済分野に導入された手法。今日では広く利用されています。


Graph2: 「二人以上世帯」の1世帯当たり消費支出額の12ケ月予測

・対象:「二人以上世帯」の月次データが直近から5年分以上公表されている消費支出項目

・内容:時系列分析から算出した向こう12ヶ月の予測値と過去2年以上の実績値を対比。

時系列分析は米国商務省センサス局のX12ARIMA Model(ver0.3)を使用。月々の曜日構成、月末曜日、うるう年の違い、東日本大震災の影響をダミー変数を立てモデルに織り込んで計算。


Graph3: 「二人以上世帯」の1世帯当たり年間購入量と平均価格

・対象:「二人以上世帯」の年次データで購入量と購入価格が把握されている消費支出項目

・内容:1世帯当たり年間購入量とその平均価格の推移。


Graph4: 「二人以上世帯」の1世帯当たり消費支出額の3ケ月先予測の精度

・対象:「二人以上世帯」の月次データが直近から5年分以上公表されている消費支出項目

・内容:「二人以上世帯」の1世帯当たり月間消費支出額について、実際の消費支出と3ヶ月先予測との乖離幅。

ゼロよりも大きければ、3ヶ月前に期待した以上に消費が上振れし旺盛な方向に変化したことを意味する。

ここから、消費需要の拡大縮小の兆しを察知することができる。


Graph5: 「二人以上世帯」の1世帯当たり年間の消費支出額の推移。

・対象:「二人以上世帯」の年次データが直近から5年分以上公表されている消費支出項目。

・内容:「二人以上世帯」の1世帯当たり年間消費支出額の推移。


Graph6: 全世帯の消費支出額の中期予測(2020年)

・対象:年次データが直近から5年分以上公表されている消費支出項目

・内容:総世帯の消費支出総額の2020年の予測値。予測は、財・サービスに対する消費者の選好性、年齢構成、世帯数の変化、世帯主男女別年齢階層ごとの消費支出総額の動向を織り込んでいる。

なお、当該品目が単身世帯について調査対象外となっている場合には二人以上の世帯についての予測となっている。


Graph7: 全世帯の消費支出額の変動要因

・対象:「二人以上世帯」及び「単身世帯」の月次データが直近から6年分以上公表されている消費支出項目

・内容:当該消費支出項目の消費需要の変化を 各世帯主年齢層ごとに世帯数の変化と1世帯当たり消費支出額の変化に要因分解。


Graph8: 消費行動の季節性の変化

・対象:「二人以上世帯」の月次データが2006年以降公表されており、時系列分析で統計的に有意に季節性が確認できた消費支出項目

・内容:X12ARIMA Modelにより各月の曜日構成、月末曜 日、うるう年の違い、東日本大震災の影響を織り込んだ時系列分析から季節変動成分を抽出し、その平均からの各月の乖離を季節性としてパーセンテージで表示。


Graph9: 消費行動の曜日による影響

・対象:「二人以上世帯」の月次データが直近から5年分以上が公表されており、時系列分析で統計的に有意に曜日性が確認できた消費支出項目

・内容:米国商務省センサス局のRegARIMA Modelによる回帰分析により Trading Day Factorsを抽出し、カイ二乗検定のP値が0.05以下で統計的に信頼性があると判定されたものについて、7曜日の平均からの乖離を曜日効果として指標化(%)。


Graph10: 「二人以上世帯」における1世帯の年間消費支出にしめる月々のシェア

・対象:「二人以上世帯」の月次データが前年1年分が公表されている消費支出項目

・内容:「二人以上世帯」の年間消費支出においてどの月で需要が旺盛になるかなど、月々のシェアで示している。


Graph11: 1世帯当たり消費支出額の都道府県庁所在地都市ランキング

・対象:総世帯(二人以上世帯+単身世帯)の年次データが直近4年分以上公表されている消費支出項目

・内容:都道府県庁所在都市の過去5年(例外としてデータ制約により4年の場合もある)の平均値が大きい順に10都市をランキング。

なお、4ないし5年間のプールデータの平均を用いるのは、標本数を一定程度確保し、結果の頑健性を高めるため。


Graph12: 消費支出の世帯構成

・対象:「二人以上世帯」及び「単身世帯」の直近1年分のデータが公表されている消費支出項目

・内容:当該消費支出項目の直近1年間の家計消費需要総額にしめる各世帯層(二人以上世帯・単身世帯×世帯主年齢)のシェア。

ただし、単身世帯の調査がない場合について、二人以上の世帯だけの数値。なお、当該消費支出項目の家計消費需要総額は、各世帯層の世帯数×1世帯当たり消費支出の和集計。

世帯数は、国立社会保障・人口問題研究所の「日本の世帯数の将来推計」を採用。


Graph13: 1世帯当たり年間の消費支出(二人以上世帯・単身世帯別世帯主年齢別)

・対象:「二人以上世帯」及び「単身世帯」の直近1年分のデータが公表されている消費支出項目

・内容:直近1年間における「二人以上世帯」及び「単身世帯」ごとの世帯主年齢階層による消費支出の違い。ただし、単身世帯の調査がない場合について、二人以上の世帯だけの数値


Graph14: 1世帯当たり年間の消費支出(二人以上世帯・単身世帯別世帯主年齢別 面積グラフ)

・対象:「二人以上世帯」及び「単身世帯」の直近1年分のデータが公表されている消費支出項目

・内容:Graph13の棒グラフの棒の幅を当該層の世帯数に比例させて表示。棒の面積が需要の大きさを示している。ただし、単身世帯の調査がない場合について、二人以上の世帯だけの数値


Graph15: 都道府県別年間消費額(地図グラフ)

・対象:総世帯(二人以上世帯+単身世帯)の年次データが直近4年分以上公表されている消費支出項目

・内容:都道府県別の1世帯当たり年間消費支出金額(都道府県庁所在市で代表)の過去5年の平均値を偏差値によってランク付けし、色分けして地図グラフに表示。ただし、単身世帯の調査がない場合について、二人以上の世帯だけの数値

なお、5年分のデータが得られない場合は4年分で計算。なお、プールデータを用いる理由はGraph11と同様。